2005年 02月 26日
Let Me Sing I'm Happy
作詞・作曲はアーヴィング・バーリン。
28年に映画「マミー」で歌ったのは、アル・ジョルソンであるけど、ここで聴きたいのは、シャーリー・バッシーが歌たう♪歌わせてくれれば幸せ なんですね。
先週までは、iTunesMusicStoreのUSサイトで購入できるのを確かめてあったのに、今週になってシャリイ・バッシーのアルバムは3枚にまで少なくなくなってしまい、この歌は、はずれてしまったようです。
変りに「帰り来ぬ青春」をダウンロードしてしまいました。これも名唱です。

ジャズのスタンダードソングやポピュラー・ソングの「Standerdsong A to Z」を現在、iTunseのなかにアーカイブしてAの付くタイトルから順番に録音しています。
最終のZのタイトル歌まで編集したら600曲にはなりそうです。

♪AS Time Goes Byは、もちろん映画「カサブランカ」の一場面、
♪ララッララララ・・・イングリッド・バーグマンがサムに問いかけるセリフから、バーグマン自身が鼻歌で歌うシーンをまるごと入れてます。
この「時を過ぎ行くままに」はいつまでも残るスタンダードソングです。

興味のある方はコメントください。
c0066191_10114555.jpg

[PR]

# by masoon | 2005-02-26 02:02 | MUSIC
2005年 02月 25日
100%Painからの始まり
c0066191_1133794.jpg

この本に出会っていなかったら、新しい四月からのスタートはなかったかもしれない。

世界のパン屋さんのなかにあって革命児エリック・カイザーと

「ル・モンド」の食&ワインジャーナリストのジャン=クロード・リボー

歴史学者ファビエンヌ・ギャンブレが書いた、パンの歴史とレシピの本

カイザーのパンに対する哲学みたいなことと、カイザーのパンの世界がわかる本

たまたまル・シュクレクールにあったことで、読んでるうちに(フランス語わかるの?)

この奥の深~い世界への興味が大きく発展することになってしまいました。

このブログは、そんな!どーなるのかわからない未来への365日の日記です。

ル・シュクレクールには、岩永シェフがエリック・カイザーの元で修行された証の

エリック・カイザーのこの本にサインがされたものがあります。

お店で見ることができるので見てください。

もちろんアマゾン・フランスで買いました。

これから365日お付き合いしてくれる人がひとりでもいれば、ワタクシメの未来への

挑戦がここから始まることの証人です。

365日目がハッピーエンドになるでしょうか?
[PR]

# by masoon | 2005-02-25 22:50 | ル・シュクレクール