<   2006年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

2006年 01月 11日
三谷幸喜のコメディのこと
三谷幸喜の新作「12人の優しい日本人」を観てきました。
c0066191_2337769.jpg

初演から数えると16年ぶりになるんですけど、今日のメンバーでは初演と変わらぬ
初々しさと、21世紀の陪審員制度がまじかにして、この戯曲のエンターテイメント性は
もはや古典の域に入っているし、いわば今世紀の新作と見てもぜんぜん遜色が
感じられないので、はじめて見るものにとっては「新作」であると言えます。

三谷幸喜の作のコメディはドタバタで見せるものではなく、設定と言葉の遊びで見せる
シュチエーション・コメディになるんですね。
古くはフレッド・アステアのミュージカル、マルクス兄弟の「我輩はカモである」
ビリー・ワイルダーの「お熱いのはお好き」「アパートの鍵貸します」などなどです。

いちばん最初に見たのは「ショーマストゴーオン」(93年)「彦馬は行く」(93年)から
ですかね。

そこで三谷幸喜のお芝居マイ・ベスト3を回想してみます。

第一位は「ダア!ダア!ダア!」(93年)伊原剛、松下由樹 
これは誰にでも経験があるだろうデジャヴのお話しで、赤ちゃんは生後10ヶ月までは
 前世の記憶をもったっまま生まれてきて、成長するにつれて前世の記憶が消えて
 いく。という芝居でこの設定にはマイッタでした。

第二位は「君となら」(95年)斉藤由貴、佐藤慶、角野卓造
 これまたホームコメディでありながら、ローラーコースターのように嘘とうその世界が
 普通の家庭をここまでの喜劇にしてしまうのは三谷幸喜の真骨頂のスクリューボール
 あのクライマックスの益岡徹をはじめとするアドリブ合戦は今でも語りぐさです。

第三位は「笑いの大学」(96年)西村雅彦、近藤芳正
 ヒューマン・コメディの傑作、数々の賞も取るし、映画化もされて、西村雅彦の
 快演がヒカル!「笑いの本質」をついたお芝居。

もっともっと三谷+西村の芝居が見たいもんです。
[PR]

by masoon | 2006-01-11 23:06 | STAGE
2006年 01月 10日
映画「十二人の怒れる男」と三谷幸喜
明日は、三谷幸喜の舞台「十二人の優しい日本人」を見てきます。
この舞台は、ヘンリー・フォンダ主演の映画「十二人の怒れる男」のパロディで作られた
戯曲なんですけど、初演は東京サンシャインボーイズで90年に初演されたものです。
c0066191_23374292.jpg

今回は93年の再演以来のキャストを一新してのリバイバルとなります。
当時は、西村雅彦たちのサンシャインボーイズのメンバーが演じていたのですけど、
はじめて「12人の優しい日本人」を知ったのは映画版の方で、トヨエツをはじめて見たのも
この映画でした。

それから舞台を追いかけたのですけど、当時は小劇場ブームでなかなか席をとるのは
難しい劇団になっていました。
ようやく見れたのは映画にもなった93年の「ラジヲの時間」からでしたけど、94年には
充電期間に突入して、21世紀から再開といわれながら今にいたっています。

映画「十二人の怒れる男」は、ジャンルとしては法廷ものになっているんですけど、
法廷でのやりとりはなくて、陪審員の控え室での討論がメインでディスカッション・ドラマ

現在のハリウッドのCG時代では、こんなドラマはオフ・シアターぐらいでしか見ることの
できないものかもしれません。
主演がヘンリー・フォンダ、適役にリー・J・コップなどくせもの揃いの配役で、
社会派ドラマとして、ミステリーものとして、これは一見の価値◎です。

日本になんか陪審員制度なんか、と思っていたらとうとうやってくることになりそうです。
そんな戯曲を書いた三谷幸喜に脱帽です。
[PR]

by masoon | 2006-01-10 23:39 | MOVIE
2006年 01月 09日
高津宮とんど祭りで青空ランチ
高津宮の祭事・とんど祭りに行ってきました。
とんど祭りは、
〆飾り古神札焼納の儀で追儺 (魔除)の神事でもあり、境内では「自称日本一の屋台」が
13店出揃って、大賑わいでした。
c0066191_232026.jpg

11時の開店から人気店には行列はあたりまえ!
今日は絶好のお日和で、青空の下で食べるものはどれも美味しいものばかり

まずはラ・トォルトゥーガ(フレンチ)
c0066191_2344196.jpg

オーストラリア産仔羊とトォルトゥーガのクスクスだぁー
c0066191_2364941.jpg

これで700円!

エスカルゴのクロケット
c0066191_23753100.jpg

これで500円!

次が、ホテル・ニューオータニのフランス料理サクラ
ドミニク・コルビが自ら境内で鍋をくっている!
c0066191_2311220.jpg

コルビ風もつのトマト煮 1000円
トマト・スープの中にこれでもかと、もつがてんこ盛りではいってます。
テレビのインタビューで「これでは儲かりまへん」と、コルビ氏
ええスープになってるし、もつはとろけるよー

なにわ翁のざるそば500円
c0066191_23151644.jpg

特設蕎麦うちでうたれた蕎麦と焼みそをウマウマです。

うずら屋の比内地鶏の手羽先とソーセージ 焼牡蠣
c0066191_23172620.jpg

京橋・うずら屋の食材は、こんな青空の下でバカバカ食べるのもまたよく似合うもので、
うずら、ホロホロ、イベリコなど売り切れ必至でした。

他にも、和食「桝田」、「藤久」、リストランテ「イタロ」、中国料理「乾隆亭」
肉料理「遊山」、釜たけうどん、などが出てワイン、日本酒、ビールが次々と
飲めや食べての冬の屋台は大繁盛でした。
[PR]

by masoon | 2006-01-09 23:28 | フレンチ
2006年 01月 08日
ル シュクレクールのおいしいパン1月
ル シュクレクールが6日からの開店で、今年もいろいろな
パンド・ジュール(本日のパン)が顔を揃えています。
c0066191_22342490.jpg

イートインで紅茶の香りのパン

パンド・ジュール(本日のパン)
c0066191_2226864.jpg

シェフに「このパンの名前はないんですか?」と聞いてみると
「名前考えてないんですよ、今度つけときます。」とのことでした。
見た目は「和菓子の栗」そのものですけど、ライ麦が栗を包み込んだもので
ライ麦の特有な歯ごたえと栗のコンフィ、渋皮煮の栗とがすごくいい感触です。

クローンヌ・ディベール
c0066191_22263689.jpg

そば粉の生地に、すり鉢ですった山椒を加え、洋梨・柿・りんごのペースト
松の実をくるんだ王冠上に焼き上げたパン

フランス伝統菓子 ガレット・デ・ロワ
c0066191_22245043.jpg

年末から登場していたこの時期だけのフランスの伝統菓子、これで280円とは!
シュクレのは10センチくらいのミニサイズですけど、この大きさが実に可愛らしくて
中にはぎっしりアモードクリームが入っているし、なんかパリジャンって感じ
しません?  オシャ~レ(死語か?)

ピカンシャーニュ
c0066191_22251061.jpg

ブリオシュ生地にいろいろな柑橘系の果物がペースト状に包まれて
切ってみると、パァーッと香りが広がります。
表面には粉砂糖が真っ白に飾られています。

午後3時を過ぎると、お客さんの出足も増して、残り少ないパンが次々と
なくなっていきました。
ふっとポケットのレシートの番号を見てみると「356」となっていました!
スッゴイ数です。
[PR]

by masoon | 2006-01-08 23:11 | PAIN
2006年 01月 07日
L'API で春の七草
昨日は、フランスの伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」を食べて、1年間の幸運をいただいて
いたのですけど、

1月7日は、「七草節句」、この日に「春の七草」を使った七草がゆを作って食べると、
その1年を無病息災で過ごすことができるといわれています。

ランチを食べに行った京町堀の「L'PAPI」のメニューを見ると、

七草のミネストローネ がありました。
c0066191_22473935.jpg

無病息災、ありがたく野菜がいっぱい食べられるミネストローネとは、
なんか得した気分です。

パスタはもちろん手打ちパスタ いろんなお肉のソース
c0066191_22492491.jpg

ランチから手打ちが食べられるのは、幸福のパスタですね
今日のは、タリアテッレTagliatelle 
一般的にミートソース系には抜群の相性で、ソースがうまく絡み合って、ウマー!です。

デザートとエスプレッソ・コーヒー
c0066191_22501472.jpg

ダークチェリーのセミフレッド
semifreddo セミフレッドって ??
ムースのような軽いかる~いクリームとふわふわスポンジのアイスケーキのようで
イタリアの伝統的なドルチェらしいのです。
フランスのガレット・デ・ロワの話をしながら憩いのひととき・・・

なごみますねぇー、今日はカウンターの端に座ったので、眺める景色は、
南向きなので、公園の緑と空が望めるのがとてもイイ気分ななります。
空が見えるとこって、安田生命ビルのポンテベッキオぐらいしかうかばないけど、
ここからの空の眺めもイイです。
外は寒空にピューピューからっ風ですけど、おいしいのを食べたあとのデザートは
ホッコリ落ち着きます。
[PR]

by masoon | 2006-01-07 23:08 | イタリアン
2006年 01月 06日
ガレット・デ・ロワのこと
ネットで「ガレット・デ・ロワ」の事を検索してみたら
こちら→Club de la Galette des Rois
     伝統菓子の本来の魅力を伝えていきたいと考え、
     ガレット・デ・ロワをはじめとする多彩な伝統菓子と
     その文化の普及を目的とする会

このサイトを見ると詳しいガレット・デ・ロワのことがわかります。

c0066191_22342471.jpg
ハービスのブルディガラのウィンドー越しに
ありました。

30センチはある大きいのから5センチくらいの
小さいのまで、フェーブもいろいろ乗っかって
います。



ブルディガラのガレット・デ・ロワ 700円
c0066191_2115678.jpg


c0066191_22562070.jpg
サクサク、ハラリのパイ生地の中には
栗が丸ごとゴロッ入ってて、
なかなか楽しい食感が味わえます。

いろいろ見てみたら、
大丸では今日から10日まで
ガレット・デ・ロワ特集をしています。


御影・アランカスビッチ、豊中・アトリエドママン、芦屋・ビゴ、豊中・アビアント
本町・パンデュース、京都・コムトゥジュール、神戸・コム・シノワ・・・
のが店頭で買えるそうです。
[PR]

by masoon | 2006-01-06 22:46 | 3時のおやつ
2006年 01月 05日
新年を祝うお菓子ガレット・デ・ロワ
南森町をぶらぶら歩いていると、ムーラタルトのお店の前にこんな看板が
c0066191_21113615.jpg

知ってます?
ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワを食べなければ1年が始まらないと言われるフランスでは定番の
お菓子だそうです。

アーモンドクリームたっぷりのパイ菓子で、
アーモンドの香りが口の中でふわっと広がって
パイ生地のハーモニーがたまらなく美味しい!のです。


そしてこのお菓子が愛されているのはお菓子の中に宝物が!

切り分けてみると!
パイの中にはひとつだけフェーヴと呼ばれる
小さな陶器が入っていて、フェーヴが当たった幸運な人は
その日王様や女王様になり祝福されるんですって!

さらに、1年間その幸運が続くといういわれもあるそうです。


1月になるとパン屋さんやお菓子屋さんの店頭にいっせいにガレット・ デ・ロワが
並ぶので、見かけたらこのお菓子を買って、幸運を見つけてみてください。

ムーラタルトのガレット・デ・ロワは完売したようです。(1月7日更新)
[PR]

by masoon | 2006-01-05 13:11 | 3時のおやつ
2006年 01月 03日
マンマ・ミーア!のことなど
『マンマ・ミーア!』はチョー久しぶりのミュージカルで(オケピ!以来)
それも元旦そうそうのノリノリ大会のうれしい、楽しい舞台でありました。

c0066191_1844153.jpg


とにかくABBAの永遠のポップス・スタンダード・ソングが全編流れるストーリーの
構成で、これがベスト・アルバムそのもの(これをカタログ・ミュージカルと呼ぶらしい)

最近ではクイーンのやらビーチ・ボーイズのやらがあるらしいのですけど、
この『マンマ・ミーア!』は物語もキチンとオリジナルに出来上がっているところがスゴイ!
♪ハニーハニーから♪ダンシングクイーンなど22曲すべて、今聞いてもやはり
いいのばかりです。

劇団四季ものはいつでもどこでも公演しているので、いつでもいいし、そんなに
進んで行こうと思わないんですけど、今回だけは気合を入れて、半年前から
この年明け元旦を予約しての闘魂注入モード!

日本語訳の歌詞もうまくはまってたし、ダンスもロングランを続けているだけの
事はあるなぁーとほんとにノリノリで、手をたたきスタンダップしてのらずには
いられないエンディングで、劇場が縦へ横へのユレユレ・・・
それにお客さん総立ちのカーテンコールが4回もあって、これは義理ではなくて
バシバシに拍手してしまいました。

追加公演はまだまだ続くようなんで、まだの方はゴールデン・ウィークとか
サマー・ホリデーにでもチャレンジしてみてください。

ナンセンス・コメディのメル・ブルックスのデビュー作「プロデュースサーズ」のことなど
ミュージカルについて、あれこれ懐かしんでみたいので、あれこれ書きます。
[PR]

by masoon | 2006-01-03 23:40 | STAGE
2006年 01月 02日
ライヴ・ステーションのアマデウス
久しぶりにゴキゲンな♪マンマミーアを見た!踊った!あとは
ウエスティンホテル大阪の「アマデウス」でデイナーです。
ここはライヴステーションのキッチンの料理と数々のアミューズが楽しめます。

アミューズ
c0066191_1155150.jpg


前菜 海の幸ソテー フレッシュハーブサラダ ガーリックドレッシング
c0066191_1172495.jpg


オニオンスープパイ包み
c0066191_118694.jpg


パルメザンチーズスパゲッティ
c0066191_11854100.jpg


メイン オマール海老の軽い煮込み レッドカレー風味
c0066191_1110697.jpg


これに自家製パン、サラダ、デザート、飲み物がついてます。

お正月ヴァージョンなので、デザートにはぜんざいなんかもあって、種類は
豪華なたべきれないラインナップでした。
[PR]

by masoon | 2006-01-02 23:01 | フレンチ
2006年 01月 01日
今年もよろしくお願いします
c0066191_1201480.gif

2006年です。

気持ちをあらためて、いい年のスタートになりますように

365日、どうぞよろしくお願いします。

そんなわけで今年の初日は、昨年あまり見れなかった♪ミュージカルから

いきなりスタートです。

c0066191_1145740.jpg

「うわぁー!今頃、マンマミーアやぁー!」と、言われるぐらいなんですけど、

これでも半年前に予約できた結果です。

そして、今晩からNHK総合で連続6夜放送される

「華麗なるミュージカル・ブロードウェイの100年」

をお見逃しなくです、昨年BSで放送されたものですけど、見どころ満載の

ブロードウェイ、ジャズ、スタンダードソング、などなどアメリカのショービジネス界の

文化の象徴が、ジュリー・アンドリュースの案内でたっぷり拍手したくなります。
[PR]

by masoon | 2006-01-01 00:00 | STAGE