<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2005年 10月 31日
ぶらぶらパン散歩・ブーランジェリー タカギ
肥後橋まで足を伸ばすとブーランジェリー・タカギに行かないと・・・
と思いながら、信号をなかなか渡るのが、なのですが”秋”を求めて行ってきました。

c0066191_21363580.jpg
c0066191_2153423.jpg

真っ赤なトマト!これを見たらパン・オ・トマトが食べたくなります。

c0066191_21471612.jpg


左上から、名物のもちもちパン、ヘーゼルチョコ、パン・オ・トマト
下は、葡萄のデニッシュ、いちじくのデニッシュ

葡萄にいちじく、リンゴ、柿のデニッシュがありました、
今日はこのデザイン力のある葡萄といちじくできまり!
しっかり折り込まれた生地に、秋の果物がこれだけ合うのも素材の良さですね。

あと黒板にある天然酵母(ホシノ)のバゲットに山食も魅力的で
これはゲットして味見をせねば!です。
[PR]

by masoon | 2005-10-31 21:51 | PAIN
2005年 10月 30日
Pan Cante の栗
パン・カンテのパンは天然酵母のハード系とデニッシュのソフト系と、わりかし
まとめられていて、ノア、フィグの定番ものから、旬の果物ものまで、
全体的にモチモチ感のあるパンで、梅田に出るとTOWERに寄ると、ひと息つくのに
イートインしてしまいます。

c0066191_22593092.jpg


秋の栗ものは、こんな感じでした
左から、渋皮栗のベーグル、小っこいのが、うぐいす豆と栗のパン
c0066191_1933317.jpg


ベーグルには栗は合いますね、モチッと噛みしめながら栗がやんわりと味してます。
もひとつのは、栗よりのうぐいす豆の勝ちです。
[PR]

by masoon | 2005-10-30 19:01 | PAIN
2005年 10月 29日
バットマン・アンソロジー
ついに出ました「BATMAN THE MOTION PICTURE ANTHOLOGY」!
シリーズ全4作と、それぞれの映画の特典映像ディスクで計8枚組み

c0066191_10585817.jpg


本編はもう何回も見ているので、音声解説で楽しみたいDVDです。
その音声解説が、ティム・パートンとジョエル・シュマッチャーが裏話をぎょうさん
しゃべりまくってます。

特典映像は、ヒーローたち、悪党たち、コウモリの影、バットマンの裏側、
ミュージック・クリップ集が、それぞれの共通
第1作のプリンスのクリップはキレのいいダンスが見れます。

各シリーズの特典としては、①ボブ・ケインと映画、ダーク・ナイトの伝説
                         あのフランク・ミラーも出ています
                  ②バット、キャット、ペンギン(をキャストが語る)
                  ③なぞなぞ・なぜバットマンは永遠か?、未公開シーン
                  ④未公開シーン

そして日本語版の声は、マイケル・キートンのバットマンには渡辺裕之                                   ヴァル・キルマーとジョージ・クルーニーには竹中直人

合計600時間の特典映像は何日かかって見ることになるんでしょうか!
年末、年始にカウチポテト(死語)状態が恐ろしい!
[PR]

by masoon | 2005-10-29 10:57 | MOVIE
2005年 10月 28日
オステリア・イル・フィオーレでランチ
肥後橋にあるルール・ブルーでランチと思いきや、ズラッ!と行列ができているでは
ありませんか!さすがにOLの人に絶大なる人気のランチです。

グリーンサラダがメチャクチャ美味しくて、これにタケウチのパンがあればそれだけでも・・・
それとメインも野菜たっぷりの煮込み付き、これだけでも・・・
魚もしくは肉系が豪快!結局これで全部食べてしまうと、大満足です。
プラス、エスプレッソも付いて1000円は、ここら界隈ではイチバンのランチでしょう。

でも、行列を待っていられないので、ルール・ブルーのグリーンサラダに負けないのが
オステリア・イル・フィオーレの季節のサラダと野菜ジュース
c0066191_16563341.jpg

ゆでタマゴ、パプリカ、ヤングコーン、さつまいも、長芋と種類もたっぷり
それと右上に、ミニ野菜ジュース

パンプキン・スープ
c0066191_171117.jpg

そんなにドロ~ッとした感じではなくて、あっさり喉越し

本日のスパゲティは、ベーコン・茄子・キャベツのソース
c0066191_171226.jpg

Aランチのスパはかなり多めなのに、メイン料理ありのBランチはちょっと少なめ
美味しいのでもっと食べたくなるスパゲティです。

本日のメイン料理は、平目のソテー、あさり・イカ・トマトのスープ仕立て
c0066191_1711177.jpg

シェフはイタリアのリグーリア地方で修行したとか、野菜と豆類がメイン料理にも
しっかり出ていて、野菜好きにはうれしいお店です。

これにバゲットとエスプレッソが本日のBランチでした。
[PR]

by masoon | 2005-10-28 17:14 | イタリアン
2005年 10月 27日
ブルディガラの栗
ならではのクリ、カボチャ、リンゴ、洋梨、木の実など、など
おいしい食材が、パンやスィーツの顔になってます。

先日のルシュクレクールでも栗だけでもいろいろ種類が出ていると、教えてもらって
あれも食べたいこれも食べたいで、ホンマに食欲ガッツリ!の秋です

ブーランジェリー・ブルディガラの”マロン”↓ネーミングはただのマロンでした
c0066191_23155095.jpg

c0066191_231667.jpg


デニッシュ生地にマロンがゴロリ
[PR]

by masoon | 2005-10-27 23:22 | PAIN
2005年 10月 26日
グランナチューレでマクロビオティック料理
今話題のマクロビオティック料理をウィスティン・ホテルのグランナチューレ
食べてきました。
とりあえずランチでロケハンです。
基本食があって、アラカルトの料理も「本日の黒板」があるので、いろいろ選べます。
ブリフィクスAにしました。

オードブル・豆腐の西京味噌漬けスモークとフルーツトマトのカプレーゼ
c0066191_1271948.jpg


かぼちゃのスープ
c0066191_130697.jpg


白身魚と野菜の料理・秋鮭のマリネ幽庵仕立て季節野菜のグラッセ添え 柚子の香り
c0066191_1293635.jpg


天然酵母のパン・レーズン、オニオン、プレーン
c0066191_131591.jpg


デザート・五穀のガレットにのせた柿のタルトタタン
c0066191_1334973.jpg


そして、有機豆を使ったコーヒー

レストラン「アマデウス」の中は、ガラス張りアトリウムから自然の森を望む開放的な空間に
なっていて、この広々としたところで食事はいいですよ。
ニューヨークフレンチを抜けて、奥にあるのが「グランナチュール」。
マクロビオティック料理スローフードをご用意されています。

マクロビオティックは玄米・根菜を中心とした野菜を基本とし、肉類・動物性脂肪・化学調味料等は使用しないという独自の料理スタイルです。

それとスローフードは、マクロビオティックのようなルールにはこだわらず、しかし健康を意識した食事もしたいという方むけのものになっているようです。

次回はこのスローフードに挑戦です。
[PR]

by masoon | 2005-10-26 01:44 | フレンチ
2005年 10月 24日
ル シュクレクールの秋の逸品
秋ですね、夕方近くなるとコートを着てないと、ちょっと涼しげな感じになってきました。

ここル シュクレクールのパンたちも秋の仲間が加わって、ショーケースも
和気あいあいで、いろんな顔が揃っています。

今日のニューフェイスはこちら・・・
セーグル・ノア・エ・ゴルゴンゾーラ・
    オ・フィグ・ドゥミセック


c0066191_21282215.jpg


ライ麦に世界三大ブルーチーズのゴルゴンゾーラとクルミをねり込み
セミドライのいちじくを丸ごと一コ包み込んだ大人の逸品


これは贅沢ないちじくのパンと思いきや、パッと割ってみると、ゴルゴンゾーラのいい匂いが!
ひとくち食べると、これまたパリッ!としたクラストに、クラムはと言うと酸味は強くなくて
しっとりとクルミの歯ざわりよく、柔らかい感じです。
そして丸ごといちじく!

思わず「コレ!めちゃくちゃ贅沢なパンですね、他のパン屋さんではいちじくだけですよ!」
と、言ってしまいました。

「他(シュクレ)のフィグと差別化をはかってたら、こうなりました。」

これは幾重にも味わえるホントに贅沢な逸品です。
[PR]

by masoon | 2005-10-24 21:46 | PAIN
2005年 10月 23日
秋のオススメ・スタンダードソング②
♪愛するデューク
c0066191_1834071.jpg

1976年の9月にスティーヴィー・ワンダーが出した21曲入りの2LP+1EP「キー・オブ・ライフ」その中に、幼い頃から尊敬するミュージシャン・ジャズの巨人デューク・エリントン
捧げた歌が♪Sir Duke
いいタイトルですよね、今でもCDで聞いても、ぞくぞくそるようなリズミックなメロディは
このアルバムのイチバンのお気に入りです。

スティヴィー・ワンダーの楽曲を聴いたのは、恥ずかしながらキャンディーズのミキ
歌っていた♪可愛いアイシャで、オリジナルを捜し求めたら、この「キー・オブ・ライフ」でした。

♪バードランドの子守唄
c0066191_21382194.jpg

盲目のピアニスト、ジョージ・シアリングがNYのスイング・ストリートと呼ばれる52丁目に
あったお店バードランドに捧げた曲
最初はバードの愛称で知られるチャリー・パーカーちなんで作曲されたようです。

その後、この曲にBYフォスターが詞を書き、レイ・チャールズ・シンガー
エラ・フィッツジェラルド、クリス・コナーのヴァージョンがスタンダードソングに
ジョージ・シアリングのピアノのの演奏も透明感のある秋らしい音色になっています。

サラ・ヴォーンはトランペットのクリフォード・ブラウンとの共演盤の歌声が魅力的です


♪シップビルディング
c0066191_235391.jpg

エルビス・コステロの通算8枚目のアルバムでR&Bの名盤
この歌は、エルビス・コステロとクライヴ・ランガーがフォークランド紛争の犠牲となった
兵士とその家族をテーマにしている歌です。
この曲のゲストにはジャズ・トランペッターのチェット・ベイカーのソロも聞きものです。
c0066191_23534092.jpg

そして、この歌を歌うべくして唄ったのがロバート・ワイアット!
foodmusicさんからコメントがあって、あらためて聞いてみるとやはり自然の流れ
からいっても、コステロとランガーはワイアットに唄ってほしかったようです。
秋の夜を哀愁たっぷりに、枯葉のごとく渋い歌声はワイアットの表現力に切なさが
よぎります。

ジョン・キューザック主演の映画「ハイ・フィデリティ」ではマニアが喜ぶ中古レコード屋さんを
舞台にいろいろなポップ・ロック名曲がガンガン登場します。
この歌もその中の名曲のひとつとして流れます。
[PR]

by masoon | 2005-10-23 18:25 | MUSIC
2005年 10月 22日
弘屋の秋10月
フランス、スペイン食の旅から帰ったばかりのシェフの感性を感じに、
8月以来の新地のビストロ「弘屋」
もちろんメニューには秋の美味しい名前が揃っています。

アミューズ
「・・・の実です」と言われて
「あー、すですか、はじめてです」と、答えておきながら聞き返さずでした
ご存知の方、教えてください!
と、叫んだらkleefeld さんから教えていただきました。
これはひしの実という名前で木ではなくて水草についていて、
クリークに生えているらしく、たらいに乗って収穫されるみたいです。(コメントそのままです)
c0066191_0121428.jpg

殻をパカッ!と開けると、栗の実のような味のする実です。

白魚?入りのガスパチョ
この魚、透き通ったキレイな魚でした、ガスパチョが今季食べた中ではサイコーの
ガスパチョです。
この酸味スペインで毎朝食べたのと一緒!
c0066191_019919.jpg


季節の野菜の取り合わせ ニンニク風味のマヨネーズ、タップナードソース
c0066191_0191440.jpg

クレソン、レディーサラダ、赤長ラディッシュ、ミニキャロット、カラーピーマン、水ナス・・・
生で何もつけずに、もいいし、二つのソースで味わうもよしです

季節のキノコのシンプルソテー ルーコラパルメジャーノのサラダ仕立て
c0066191_030860.jpg

秋にはキノコがいっぱい!オリーブオイルでいい味でています。
松茸も入って、ルーコラとの取り合わせがメチャ合います。

肝つきアワビと松茸、銀杏のリゾット
c0066191_031442.jpg

恐るべし!アワビと松茸のタッグは世界最強の味チャンピオン!

岩手産白金豚ロース肉のソテー ニンニク風味パン粉焼 玉ねぎのロースト添え
c0066191_0325521.jpg

最近お魚さんばっかしだったので、ジューシーな白金豚を

デザートは
洋ナシのポワレ スパイス風味 クレームブリュレ添え
c0066191_0375266.jpg

この組み合わせ!見た目はクレムブリュレの味が勝ってそうですけど、
なんのなんの洋梨のポアレとの味が絶妙!
[PR]

by masoon | 2005-10-22 00:46 | フレンチ
2005年 10月 21日
ふらんす小皿料理・ル・ベガースでランチ
ル・ベガースの話題で、kapontaさんとtawasiさんのコメントを読んでいると
「やはり、ここのは美味しい!」

「パンうま、」 「パン美味しいですよね」

「スタッフのサービスがいい」 「かわいい~」
と、言うことなのでル・ベガースへランチしてきました。

1500円のランチ
2000円になると「サンマのマリネ」「紅芋のスープ」はプラスされます
前菜のグリーンサラダと美味しいと言われるパン
c0066191_072293.jpg

パンは柔らかくて、ほどよいモチモチさかげんのガッシュって感じです

魚料理 鯛、イカ、海老、牡蠣が入ったポアレ風で紅芋のソース
c0066191_094152.jpg

大きなお皿に、いろいろの魚介類が素材の味を感じさせる新鮮さがありました

デザートとコーヒー
c0066191_0125496.jpg

ブドウのシャーベット、バナナのアイス、キャラメルのアイス、コーヒーのケーキ
それにプリンという豪華盛り合わせです。
このデザートは別腹に満足度たっぷりで収まりました。

96年のオープン時にはランチ、ディナーと行ったことがあるんですけど、
それからの南森町イタリアン戦争でちょっぴり影が薄かったかぁー
それで久しぶりに食べました
最初に行った時の印象とまったく変わらず、新鮮な素材を求めての探求は
続いているようです。
ちょうど道路沿いのガソリンスタンドが建替えのために、雰囲気こわしてますけど、
ここはリスト上位です。
[PR]

by masoon | 2005-10-21 00:45 | フレンチ