<   2005年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

2005年 03月 31日
3月のオススメ本・・・
今月の本棚を整理していると、またも久しぶりに
川上健一が見つかった。
c0066191_11131077.jpg
「翼はいつまでも」が、2001年に出版されて、堂々のベスト1に輝いたのは、
ついこのあいだのように思ってたら、もう3年は過ぎてしまったようで、
この「ビトウィン」は、その「翼はいつまでも」を書き上げるまでの
メイキング本になっていて、
これが倉本聡の「優しい時間」にユーモアをプラスした感じです。

ストレスと飲みすぎで、肝臓をこわして、
まったく小説を書けなくなってしまって、なんと10年も!
このままではアカンと、家族そろって八ヶ岳の高原の村で、
書きたくなるまで書かないスローライフ生活をするという、
羨ましいかぎりのわかるなぁー生活が、
妻と子供そして、その村の登場人物たちが
実にみんないい存在に描かれている。

そして、そのスローライフの中から「翼はいつまでも」が誕生する。
これが読んでて、いいなぁーうれしいなぁーと思えるのが作者ならではの感覚なのかもしれない
けど、出来上がる過程がいいなぁー、そのあとの達成感がまた素晴らしい。

「ビトウィン」とは、「仕事をしない間」という意味だそうです。

この本の装丁が、南伸坊ですごく綺麗!

c0066191_11324019.jpg
ライフログにも「翼はいつまでも」はあるけど、

この本は、夏の季節・少年・恋愛・野球・ビートルズが
ぎっしり詰まった涙・涙の感動青春小説です。

これ読んで十和田湖に行きたくなったもんです。
映画化するって聞いたけど、まだでっかね。

続いて、宇江佐真理の新作「髪結い伊佐次捕物余話・君を乗せる舟」を読まねば・・・
[PR]

by masoon | 2005-03-31 11:41 | マイブーム
2005年 03月 30日
ナチュラルガーデンで送別会・・・
先週のレストラン・ヴァリエに続いて2回目の会
いよいよ社会人生活も今日で終わりで
新しいスタートのカウントダウンとなりました。
長らく一緒にあれやこれやをしてきた人たちと、一区切りです。

c0066191_985487.jpg

リーガロイヤルホテルのナチュラルガーデンのpetit apetit11品コース
c0066191_924584.jpg


淡路産玉葱のブランマンジェに帆立貝、トマトのビネグレット添え
c0066191_975734.jpg


宮城産ヒイカのカタロニヤ風
c0066191_983281.jpg


浜名湖 生青海苔風味の赤座海老のコンソメジュレ ムースリーヌ添え
あさりとえんどう豆のミルクブイヨン春野菜添え
牡蠣と茸のココット焼き ガーリックバター風味
瀬戸内下津井漁港の天然赤なまこと種マスタードの大根添え
瀬戸内下津井漁港の天然蒸し穴子 ポルト酒風味
極上和牛ロースのサイコロステーキ

柔らかいショコラとコーヒーのムース カプチーノ仕立て

そして、コーヒー
一緒についてきたパンがロイヤルホテル自家製パンが3種類
これが天然酵母でおいしかったです。
このメニューはワタシメのリクエストでしたが、みんなは量がすくなかったようでした。
Fujiyaの15品と比較してしまうと、インパクトがたりないし、コースの流れもクライマックス
がない感じの流れでした。
もうちょっと春野菜で遊んでほしい感じです。

「楽しい仕事をしていたら、アッというまに時間が過ぎて、次のことをしようと
考えてしまうのに立ち止まってしまったら、すぐにまた動き出してしまった」
と、いう感じですかね。
すきな音楽や映画や本など仕事に随分活かせることが出来たのが
いちばんの幸福なことだったかもしれない。
次の楽しい時間に、また新しい愉快な人たちと出会えるのが楽しい気がします。
[PR]

by masoon | 2005-03-30 23:50 | フレンチ
2005年 03月 29日
阪神百貨店のPAUL
c0066191_14385172.jpg

さすがに阪神ですねぇーデパ地下はココと阪急でひっぱってます。
パン屋さんのブランド展開も熾烈なバトルを極めてきたようで、
パリの有名店PAULの参戦です。(前はドーチカにもあった。大阪では3店目)
[PR]

by masoon | 2005-03-29 14:38 | PAIN
2005年 03月 29日
ぶらぶらパン散歩
「フロイン堂のパンは食べとかなアカンでぇー」

c0066191_11352924.jpg
それは世間知らずでは、
と、阪急「岡本」のフロイン堂へ行ってまいりました。

昔に学祭に遊びに来たときに前を通ったことがあるだけで、
まだ未体験の食パンです。



創業昭和7年といわれるだけの古いお家で、
震災の時も窯だけが残ったという伝説の窯で、
今なお焼かれています。


c0066191_11463748.jpg
ほんとに素朴な表面がパリパリの食パンです。

かーるく焼いてもモチモチ感があり、ファーとした深い味わい

しっかり焼いても、歯ごたえがあってバリバリ、モチモチ、口の中で溶けるのがgoo



ここには、天然酵母のバゲットもあるそうで、これも味わってみなくては、
伝説の窯で焼きあがったバゲット魅力的です。

バゲット・ランキングに変動あるかもです
楽しみ!
[PR]

by masoon | 2005-03-29 11:54 | PAIN
2005年 03月 28日
オススメ春のスタンダードソング①
もうすぐ四月なので、春らしいスタンダードソングをマイプレイリストとして
ご紹介します。

記憶に残るスタンダードソングは、やはり自分自身のどこかのシーンに流れていた歌が
思い出となって、いつまでも思い出すことのない歌となっています。
つまり忘れることのない歌だと思います。
そんな春の頃に、自然と聞えてくるスタンダードソングたちです。

c0066191_0193360.jpg
①♪アイム・ノット・イン・ラヴ / 10CC
10CCの数ある名曲の中でも、不朽の名作バラード。
「聴いたことない人いてへんのんちゃうか!」と、言えるぐらいのスタンダードソングなのですね。
75年に発表された架空の映画の「オリジナルサウンドトラック」
というアルバムの一曲。
ジャケットの写真は、アンソニーパーキンス

②イエスタデイ・ワンス・モア/ カペンターズ
 今そしてあの頃の一曲
③イエスタデイ/ ビートルズ
 1000曲を越すカヴァーがあるらしいけど、オリジナルを越えるこのはなし
④ミス・シャトレイン / k.d.ラング
なんか春ととともにに桜の似合う歌


c0066191_22561075.jpg
⑤♪ラブ・ミー・テンダー エイミー・グラント
50年代のスーパースター・エルビス・プレスリーの
映画第一作「やさしく愛して」の主題歌。
春の夜にふっと、このバラードシンガーの甘い歌を
聞きたくなることがあるんですけど、
ここでは映画「ハネムーン・ラスベガス」からの
カヴァーでエイミー・グラントの魅力
ある歌声もまたよろしいかな。

⑥ソング・フォー・ユー/ ダニー・ハザウェイ
レオン・ラッセルのもいいけど、ピアノの弾き語りではこのダニー・ハザウェイで
⑦ムーンライト・ドライブ/ ドアーズ
 春の夜はジム・モリソンを聞きながらドライブを
⑧うつろな愛 カーリー・サイモン
 ポールにリンダ、ミック・ジャガーまで参加のナンバー1ヒット曲

c0066191_014819.jpg
⑨♪四月になれば サイモ&ガーファンクル
この後に出たオールドフレンズBOXがあれば、
サイモン&ガーファンクルの名曲すべて聞くことが出来る。
”四月になればきっと彼女は来るだろう”
で、はじまり九月までの短い物語。
たった1分49秒の歌だけど、しっかり心に残る歌になってます。


⑩トワイライト・タイム / ザ・プラターズ
 春の黄昏にはやはりこの歌がすごくあってます
⑪春がいっぱい / シャドーズ
 これまた春の宵になんとなく流れてくるとイイ感じです



c0066191_014744.jpg
⑫♪アズ・ティアーズ・ゴー・バイ マリアンヌ・フェイスフル
ミック・ジャガーとキース・リチャードの共作
64年のデビュー後、苦難の季節を経て70年後半から80年にかけて見事に甦る。
現代のエデット・ピアフのよう。






続きは、また明日・・・
[PR]

by masoon | 2005-03-28 23:50 | MUSIC
2005年 03月 27日
シュークルートって何?
今日のランチは
ハービスのブルディガラでクロックムッシュを・・・と、思ったら
お昼時はさすがに満員だったので、2Fのエノテカへ

本日のランチは「シュークルート」 
「はて?なに料理やら?」
とにかく頼んでみよう、
相方は本日のサンドイッチ「ゴマパンとソーセージのサンド」
c0066191_20373531.jpg

これです。
フランスのアルザス地方の田舎料理
シュクルートは、酢キャベツのことのようで、
ザワークラウトという名で瓶詰めか缶詰であるようです。
(家で作るときは、キャベツの千切りにリンゴ酢を揉んで重石で2時間)

エノテカのは、酢キャベツに
豚肉の塊とベーコン、ジャガイモが入っていました。
む・む・む、これはワインによく合う料理です。
ここのビーフシチューも定番やけど、
このシュークルートもメニューに入れてほしいもんです。
[PR]

by masoon | 2005-03-27 20:59 | イタリアン
2005年 03月 26日
おいしいなぁートマト 旬の野菜②
朝市でMarutoにでかけて、採れ取れのトマトを仕入れてきました。
c0066191_111446.jpg

    和歌山の房つきミニトマト  ↑
    ミニトマトにも種類がいっぱいあって、この房つきはめったに出荷されないとか
    「チェリーみたいに甘くてビタミンCが豊富なトマト」
    300gで450円~


c0066191_1135524.jpg
←熊本産の「不知火・塩トマト」

栽培される土壌に塩分が少し
あるところから名づけられたとか
トマトにあるごくわずかな塩分が
甘さを引き立て、糖度は12以上
あって、まさにフルーツトマト
ひと箱で36個入り3600円~





c0066191_11332046.jpg
三河産の「ほうずきトマト」

イチゴとトマトの味がする不思議なトマト
ひと箱で15個入りで600円








c0066191_11123555.jpg

    わかります?これ  ↑

   ズッキーニの花
   イタリア料理ではモッツァレラを詰めて、コーンミールをまぶして揚げたらおいしいですよ。
   昨年はルールブルーのシェフにリクエストをして、
   花の部分にオマール海老を詰めてもらってフレンチに、ソースはエビミソ!これが絶品
   花の季節も限られているので、メニューにあればすぐ注文です。
   ひと箱10本入りで600円ぐらい、料理になるとメチャ高です
[PR]

by masoon | 2005-03-26 11:44 | 旬の野菜辞典
2005年 03月 25日
クロワッサン@ル・シュクレクール
今日、大阪の阪神百貨店・梅田店に、PAULがオープンしてました。
グランドオープンなのでシュークリームなんかを特別価格セットで売られていて人気です。
バゲット系のフルートアシェンヌや、クロワッサン、クレームダマンドたっぷりのアマンドも
あったけど、本町店よりは圧倒的にスペースがないので、品数は少ない印象です。

で、久々にル・シュクレクールに行って来ました。今日もまた寒い・・・
c0066191_22524161.jpg
「PAULにはがんばってほしいですね。」
「もっとフランスパンのイメージをもりあげて欲しい」
と、ル・シュクレクールのシェフ。

ここル・シュクレクールのパンたちは、PAULのパンたちよりも
かなり、フランスの★★★店的
「ボクにとってはイメージどおりにできあがってます」
と、シェフは言っていたので、自信がうかがえます。

「塩味を低く抑えて、低温長時間熟成された
この薄い皮に弾力のあるクラム!なるほど!」
と、こちらもそれをイメージして味わいたいものです。


今ハード系が32種類、ヴィエノワズリー系が20種類、
タルトとショコラ、シュー・ア・アラ・クリームなどのケーキも、
すっごくフランスらしい個性のあるものが並んでいる。

人気ナンバー2のクロワッサン
c0066191_23101761.jpg

マイ・ナンバー3のパン・レザン
c0066191_23114746.jpg

マイ・ナンバー4のブリオッシュ・ブラネリ・パリ
c0066191_23134339.jpg

マイ・ナンバー5はベルギー産チョコのガトー・ショコラ
c0066191_23145717.jpg


あれ?マイナンバー1は?
それはまた次の回で、お楽しみに。
[PR]

by masoon | 2005-03-25 23:33 | ル・シュクレクール
2005年 03月 24日
お気に入りバゲット
早いもんで、三日坊主になるかな?と、思ってたけど
TBやらもあったりするので続いています。

ブログ開設一ヶ月達成記念で、スタートのテーマに帰って
バゲット・ランキング(大阪市内ヴァージョン)です。

先週末から食べたバゲットは
   ・ブランジュリTakeuchi
   ・ルビアン

   ・ア・ビアント江坂店


c0066191_23352564.jpg
c0066191_23411077.jpg









   ・ブルディガラ

c0066191_2336742.jpg
c0066191_23362864.jpg










   ・パンデュース

c0066191_23371540.jpg
c0066191_23375922.jpg










以上の5種類でした。

バゲットといっても、みんなちがうんですよね。
たんに外はパリパリ、中はしっとりなんですけど、それぞれに個性的

今回のマイベスト・バゲットは、

   ①ル・シュクレクール・・・やはりあの天然酵母の香りと味はピカイチ
   ②ア・ビアント・・・・・・・・・ここのは粉のおいしさがストレートによくわかる
   ③パンデュース・・・・・・・皮のバリバリさの食感が好きです
   ④ブルディガラ・・・・・・・噛めば噛むほどの味がでてきて優しいのがいい
   ⑤ベイクドQ・・・・・・・・・・ここのはホシノ天然酵母のバゲットいけます

なんかぜんぜん違いがわからんようですが、味わった人なら(他人任せスミマセン)

まだまだハード系のパン屋さんを食べつくしたわけではないので、
これからも味わいながら、コロコロとランキングは変ります。

本日の「お・ぉ・ぉーこれは!」と、思って買ったのはパンデュースの
クリームパンでした。
c0066191_2343023.jpg

[PR]

by masoon | 2005-03-24 23:47 | PAIN
2005年 03月 23日
嘉門雄三&VICTOR WHEELS LIVE!
胸さわぎの腰つき
c0066191_20211679.jpg

桑田佳祐の選曲が素晴らしい!!
81年に「桑田バンド」でLIVEをやって、12月になって「嘉門雄三」名義でレコーディング
それがこのアルバム。翌年の3月にリリースされた。

     Side-1
     1.Trying To Live My Life Without You
     2.Reggae Man
     3.Stay
     4.Say Good-Bye To Hollywood
     5.Hearts
     6.Slow Hand
     7.The Weight


オープニングからして渋い!オーティス・クレイやもんね。
このソウルフルさが桑田ならではの選曲でしょうか。
③はモーリス・ウイリアムスの熱いソウル・ナンバー
④はビリー・ジョエルの大ヒット曲、⑤はマーティー・バリンのソロ作
⑥ポインターシスターズ、⑦はハイライトのThe Last Waltz

     Side-2
     1.Blues Medley Blues Power
     2.Just Like a Woman
     3.Just Once
     4.Anytime At All
     5.You May Be Right
     6.Imagine
   

エリック・クラプトン気分のブルースメドレーで始まって、
②はボブ・ディラン ③はクインシー・ジョンズの曲でジェームス・イングラム
④はビートルズ そしてハイライトの⑤は、ふたたびビリー・ジョエル!
ラストはジョン・レノンでLIVEは終わりますけど、何度聴いてもいいですわ。
   
こんなLIVEは、なかなかやりませんけど、91年には日清パワーステーション
LIVE UFO'95 Act Augainst AIDS'99なんかでカバーは聞けますけど、
CD化はされてないようです。
それにしても桑田の原点はアルバムに2曲収録されているビリー・ジョエルでは
ないでしょうか。
[PR]

by masoon | 2005-03-23 18:55 | MUSIC