<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2005年 02月 28日
アカデミー主題歌賞
♪Al Otro Lodo Del Rio c0066191_0214110.jpg
c0066191_0252646.jpg
from THE MOTORCYCLE DIARIES
ウォーター・サレスのこの映画の歌が賞を取るとは思えへんかったですね。
この映画は快作です。ロバート・レッドフォードのサンダンス映画が製作した「若者の心の旅」
まちがいなくこの映画をベスト映画の第一位にしたもんです。

とにかく風景が美しく、オートバイが大草原を走る。
その場面だけでも映画に釘付けになるし心のイメージに残る名場面になっています。

時代は1950年代なのに、日本とは別格の風景画まだまだ残っているのですね。
チリの町にトラックに乗せてもらって坂道を下ると遥かに海が見える。
ここは思わずその場の空気を吸い込んでしまいそうになって、海の匂いを探してしまう。

昔、神戸の須磨にも坂道を自転車で下ると海が望めるところがあったけど、今の神戸にはもう景色を楽しめるような場所は、遠い昔に置かれてきてしまっている。

今日のアカデミー授賞式では、予想通りにjamie foxが主演男優賞に、clinteastoodに監督賞と作品賞が贈られた。
そして「モーターサイクルダイアリーズ」が主題歌賞に輝いた。

live放送では、アントニオ・バンデラスとカルロス・サンタナの競演が生放送され,これほどのプレゼントはない。ビヨンセはフランス語で映画「コーラス」の主題歌など3曲のパフォーマンスを披露、これがなかなか良かったのでした。
今月にNHKBSで3月12日(土)午後7時30分から放送ありなんで、要チェックです。
[PR]

by masoon | 2005-02-28 23:52 | MOVIE
2005年 02月 27日
スタンダードソングA
♪Alexander's Ragtime bandc0066191_2326469.jpg
アービング・バーリンと言えば1911年の23歳の時に発表したこの曲で、全米一の売れっ子になった。この歌は世界中に愛され、38年には映画「世紀の楽団」ではアリス・フェイが歌った。
47年にはデッカ盤で、ビング・クロスビとアル・ジョルスンが、掛け合いのおもしろさを歌いミリオンセラーになった。

エラ・フィッツジェラルドの「バーリン・ソングブック」では、スキャットをまじえてエクスタインと実に楽しくデュエットしている。
バーリンのスタンダードソングはぎょうさんありすぎるほどある。一番有名なのは♪ホワイトクリスマス、♪ショウほど素敵な商売はない、♪オールウェイズなどなど、ミュージカルで映画化されたのも「アニーよ銃をとれ」とか、マルクス兄弟の「ココナッツ」などもある。
ミュージカル映画は、フレッド・アステアの「トップハット」「艦隊を追って」など、今ではDVDでそれぞれ見れるけど、ミュージカル映画をいっぱいいいとこ取りで集めたMGM映画「ザッツ・エンタテインメント」がメチャククチャ楽しめる映画です。

昨年の暮れに、この映画「ザッツ・エンタテインメント・コレクターズBOX」がDVDで発売されたけど、限定発売ですぐに売り切れてしまって、あちこち楽天とかamazonのユーズドで探し回ったら、なんと2倍の値段が付いていてあきらめてたら、なんと今日、タワーレコードで再発されてました。これはラッキー!
まだ見ていない人にもぜひぜひ。
c0066191_21524586.jpg

[PR]

by masoon | 2005-02-27 21:54 | MUSIC
2005年 02月 26日
Let Me Sing I'm Happy
作詞・作曲はアーヴィング・バーリン。
28年に映画「マミー」で歌ったのは、アル・ジョルソンであるけど、ここで聴きたいのは、シャーリー・バッシーが歌たう♪歌わせてくれれば幸せ なんですね。
先週までは、iTunesMusicStoreのUSサイトで購入できるのを確かめてあったのに、今週になってシャリイ・バッシーのアルバムは3枚にまで少なくなくなってしまい、この歌は、はずれてしまったようです。
変りに「帰り来ぬ青春」をダウンロードしてしまいました。これも名唱です。

ジャズのスタンダードソングやポピュラー・ソングの「Standerdsong A to Z」を現在、iTunseのなかにアーカイブしてAの付くタイトルから順番に録音しています。
最終のZのタイトル歌まで編集したら600曲にはなりそうです。

♪AS Time Goes Byは、もちろん映画「カサブランカ」の一場面、
♪ララッララララ・・・イングリッド・バーグマンがサムに問いかけるセリフから、バーグマン自身が鼻歌で歌うシーンをまるごと入れてます。
この「時を過ぎ行くままに」はいつまでも残るスタンダードソングです。

興味のある方はコメントください。
c0066191_10114555.jpg

[PR]

by masoon | 2005-02-26 02:02 | MUSIC
2005年 02月 25日
100%Painからの始まり
c0066191_1133794.jpg

この本に出会っていなかったら、新しい四月からのスタートはなかったかもしれない。

世界のパン屋さんのなかにあって革命児エリック・カイザーと

「ル・モンド」の食&ワインジャーナリストのジャン=クロード・リボー

歴史学者ファビエンヌ・ギャンブレが書いた、パンの歴史とレシピの本

カイザーのパンに対する哲学みたいなことと、カイザーのパンの世界がわかる本

たまたまル・シュクレクールにあったことで、読んでるうちに(フランス語わかるの?)

この奥の深~い世界への興味が大きく発展することになってしまいました。

このブログは、そんな!どーなるのかわからない未来への365日の日記です。

ル・シュクレクールには、岩永シェフがエリック・カイザーの元で修行された証の

エリック・カイザーのこの本にサインがされたものがあります。

お店で見ることができるので見てください。

もちろんアマゾン・フランスで買いました。

これから365日お付き合いしてくれる人がひとりでもいれば、ワタクシメの未来への

挑戦がここから始まることの証人です。

365日目がハッピーエンドになるでしょうか?
[PR]

by masoon | 2005-02-25 22:50 | ル・シュクレクール