カテゴリ:スペイン( 8 )

2006年 01月 18日
2006年初詣、Fujiya1935の1月コース
最近のグルメ雑誌には必ずといっていいほど「Fujiya1935」が紹介されています。
今月号の「料理王国・料理人に聞く『今年の料理、これからの自分』」

「おいしかった」と言れるのも嬉しいですが、

「楽しかった」と言われるともっと嬉しい

おととしよりも、昨年よりも、もっと華やかさのある

楽しんでいただけるレストランにしたい」

というのがシェフ藤原哲也氏の2006年にかける言葉です。

2006 Fujya1935のコース

・軽い燻製のコロッケ
出だしからビックリり!
丸いビーカーのようなものから匂いの煙につつまれたコロッケが煙の中登場
煙は一瞬のマジックです。

c0066191_2244659.jpg
・レモンとパセリのやねのない軽いシャーベット

・パセリ風味のキャベツのボールとマスのタマゴ

・牛蒡のカンソーロ

・かりかりのイカ墨

・若竹のこの子のカルボナール
c0066191_22324638.jpg

・金時ニンジン・パルメザンチーズ・シェリービネガー
c0066191_2235213.jpg

・白子の温かいフラン
c0066191_22354116.jpg

・カニと水菜、海老芋のソテー
c0066191_22362192.jpg

・マッケローニ、鹿肉の煮込みソース
c0066191_22532469.jpg

・鱈の蒸し焼き、凝縮した鱈のスープ
c0066191_2237114.jpg

・白インゲン豆としっとり火をいれたフォアグラ
c0066191_22374758.jpg

・仔猪のロースト、 長居産菊菜菊菜と野生のクレソンのソース
c0066191_22391343.jpg

・スパイシーなエアー、濃厚ミルクのジェラード
c0066191_2240168.jpg

・バラの「煙とアスティンプマンテ・木苺のスープ
c0066191_22404137.jpg

・パンとコーヒー

今年も斬新な発想を食材をどんなな風にFujiya風に料理して、目で見て、食べて
みて、感じてみてと、五感に響くエレガントな小皿コースを満喫したいものです。

ちなみに店内に飾られている枝もの花は、岡町の「エル・バウ・デコラシオン」のもの
だったのでした。
えっ!そうだったのでした、これは行ってみたくなりました
花屋とレストランの「エル・バウ・デコラシオン」へ
[PR]

by masoon | 2006-01-18 23:26 | スペイン
2005年 11月 08日
Fujiya1935の11月コース
相変わらず予約でいっぱいのようですけど、ラッキーにもキャンセルが出たのか
前日に予約がオッゲェーが出ました。

この日は、なんと!エーッ!の小学生もまじった家族ずれが5人で占拠してました。
そういえば子供の頃、家族で外食したのは、フジヤはフジヤでも
ペコちゃんポコちゃんの心斎橋「不二家」のお子様ランチだったよなぁー

キノコの温かいスープc0066191_21502426.jpg

一口サイズのトリュフ
15種類の雑穀米のサラダ
チーズとトマトのオレガノの薄いパン
むらさき芋のムース
c0066191_21524489.jpg

三色のきたあかり(じゃが芋) その後ろにジャガイモスープ
c0066191_21533987.jpg


牡蠣とトマトのサングリア、-180℃で固めたオリーブオイルのシャーベット
c0066191_21562369.jpg


しらさ海老・キャビア・ドライトマト・バジリコ
c0066191_2157628.jpg


帆立貝と青首大根のスパッゲティーニ
c0066191_21575846.jpg


ニョケッティー、石川小芋のゴルゴンゾーラのソース
c0066191_21585061.jpg


鯵の低温コンフィ、ライムでマリネした辛口赤唐辛子
c0066191_21595738.jpg

本日の絶品味は、この鯵!今までは火入れがいきすぎていたのがウソのように
今夜のはタタキのような味わい、これは逸品です。

松茸・ボルチーニ・トリュフ
c0066191_2204227.jpg


仔羊、むかご、レモンバーベナのソース
c0066191_2213894.jpg


ヨーグルトのジェラードとアーモンドのメレンゲ、ラム酒風味
c0066191_2223848.jpg


ダッテリのプラリネクリームとナツメグの香りを付けたエアー
c0066191_2234139.jpg


今夜も1品1品にまったくのスキなしコースでキノコのスープからやられっぱなしでした。
子供たちにはこの大人の味わいコースがわかったんやろか?
[PR]

by masoon | 2005-11-08 21:39 | スペイン
2005年 09月 01日
Fujiya1935の透明感のある夏のメニュー
Fujiya1935コース

c0066191_2321282.jpg

左から  モヒート(ミント・ラム酒・ライム)のジェラード
       キアヌのフリット
       パルメザンチーズとトマトとバジリコ
       一口サイズにサマートリュフ
       イカスミのボーロ


鳥飼ンナス・青梅・ピスタチオ・バルメザンチース
c0066191_2254936.jpg


トウモロコシの冷たいスープ 3層になっていて、ヨーグロト、バルサミコ酢、トウモロコシ
c0066191_22554137.jpg


だだ茶豆としらさ海老
c0066191_22562097.jpg


鮎とギンディジャのスパゲティーニ
c0066191_2310466.jpg


サザエのオレキエッティ
c0066191_22584516.jpg


タスマニアサーモンの低音コンフィ、黄色ピーマンのガスパチョ
c0066191_2315254.jpg


丸ごとトマトのシャーベットと毛馬きゅうり
c0066191_233077.jpg


ほんのりスパイシーな乳飲み仔豚と茗荷のマリネ
c0066191_2333525.jpg


デザートはこの3種類
菊菜のスープ・カンパリのグラニテ

c0066191_2353259.jpg

羽曳野イチジクのコンポート・カルダモンのジェラード
c0066191_2365599.jpg

オレンジの花・オリチャータ・チョコレート
c0066191_2371293.jpg

[PR]

by masoon | 2005-09-01 23:15 | スペイン
2005年 07月 23日
Fujiya1935の7月コース
今日のメニューを見ると、ありますありますガスパチョにハモ!
旬を体感できる、まさしく涼を味わう夏コースです。

アボガドのコルネ
モヒート(ミント・ラム酒・ライム)のジェラード

奥ののがモヒート!口の中でジュワァ~!と、広がります。
アイスキャンディーの棒がついて懐かしい感じ
c0066191_22255096.jpg
c0066191_2232543.jpg

                             パリパリのピミエント
                          チーズにうめ込んだプチトマト
                          ワイルドライスのフリット



63℃のホロホロ鳥の卵と小石に見立てたフォアグラ
c0066191_23341570.jpg


トマトのガスパチョ!
c0066191_22371730.jpg

この酸味はまさしくエスパニョーラ!

アホブランコのアイスクリーム サザエのパセリ風味
c0066191_23211772.jpg

アホブランコは南スペインの白いガスパチョ!
これも忘れられないにんにくスープ!これをアイスクリームとは!

ハモと毛馬キュウリの冷製スパゲッティ
c0066191_165189.jpg

ハモと毛馬キュウリが絶妙
関西人としては、ハモを食べると夏来たよぉーになります

全粒粉のパスタ 八尾の枝豆と剣先イカのソース
c0066191_2248480.jpg

グラハム粉のパスタははじめて、これのスパゲッティもいいかも

淡路産のウニとトウモロコシとシナモン
c0066191_23384153.jpg

トウモロコシのムースが甘~い、ウニの甘さとハーモニーしてます

活け鮎・ピキーリョとオレンジの少し辛いドレッシング
c0066191_22523057.jpg

これまた旬の鮎を頭ごとかぶりつき!

仔鴨と海水のゼリー・沖縄産パッションフルーツ添え
c0066191_22545711.jpg

パッションフルーツの香りが、これまた夏してます、しかし海水ゼリーはショッパァー

デザート3品
菊菜のスープ・カンパリのグラニテ
c0066191_22571532.jpg

菊菜特有の味が旨みに変化してデザートになるなんて!

カラメルチョコレートのケーキ・ピスタチオ
              ・グレープフルーツルビー・ナツメグ

c0066191_22581734.jpg


メロンのシャーベット ラムのヨーグルト
c0066191_2301849.jpg


今日のコースは、ジメジメ酷暑を忘れさせてくれる、
ヴァラエティ豊かなさわやか夏コースにされてます。
いかにも爽快・ソーカイ!

洋食屋『Fujiya』が、ご近所に復活したそうです。三代目のお父さんが再びシェフとして腕をふるわれているとか、
そして、四代目の妹さんがお手伝いされているそうです。
[PR]

by masoon | 2005-07-23 23:09 | スペイン
2005年 06月 14日
ちちんぷいぷいの”いっぺんだけ!”に・・・
毎日放送のお昼のワイドショー「ちちんぷいぷい」の

レストランの美味しい一品を紹介する”いっぺんだけ!”のコーナーに

Fujiya1935の「パン・コン・トマテ」が紹介されました。
c0066191_22141336.jpg


生放送に、藤原哲也シェフが自ら出演して、作ったはりました。

司会の角淳一、ハイヒール・リンゴ・モモコ、阿藤快が

パン・コン・トマテを食べると、みんな揃って「美味しい!」

との声があがってました。

阿藤快は「ワーズワーズ」の頃から美味しそうに食べるけど、

あとの人はテレビ向きではあーりません。

フルーツトマトにパンのジェラード、そこにオリーブオイルと蜂蜜をかける!

美味しかったですよ。

今月のメニューにはなかったなぁー来年になるかなぁー?

テレビで紹介さfれると、またまた予約するのは早いほうがいいですね。
[PR]

by masoon | 2005-06-14 22:30 | スペイン
2005年 06月 11日
Fujiya1935は、初夏がいっぱい
いきなりMyデジタルカメラが地上2mもあるところから落下!
「調子ワァル~」です。

さて、今日のFujiyaの楽しみなヴィジュアル・コースが撮影できるのか大心配?

Fujiya1935 6/10コース
・うすいえんどう豆の葉っぱ
・ワイルドライスのフリット
・生ハム・メロン・ミント
・じゅん菜・ウニ・キャビア・リンゴの泡

 そうなんですスタートから果物泡シリーズ!まさにジヤボン玉ホリデー
・カンパリオレンジのシャーベット
以上が前菜5種です。

やはりピンボケ、露出さっぱり状態(クックッ・・・泣ける)

65℃の鴨の卵と小石に見立てたフォアグラ
c0066191_0434162.jpg

今日のテーマ「たまご」です。
鴨ははじめて、ファグラの食感と温泉たまごよい味わいです。

水ナスの低温コンフィ・モッツアレラチーズのスープ
c0066191_045618.jpg

水なすはやはり生のみずみずしさで食べるのが好きです。
手を加えると水なすさがなくなってしまうんで。

いろいろな味のトウモロコシ
c0066191_0465293.jpg

ヤングコーンの皮についてるヒゲは食べられるんですね。
甘いです。

ブラウンマッシュルームのスパゲッティーニ
c0066191_0474585.jpg

カラスミのマッケローニ
c0066191_0481944.jpg

ハモ・キヌア・ますの卵・カルダモン
c0066191_050761.jpg

今日のシャボン玉2作目。
泡の中から料理が現れる表情が「何が出てくる?」って感じが楽しめる。
ハモの身はぷりぷり

太刀魚・ゆで卵とトリュフ・三度豆
c0066191_0505943.jpg

シャボン玉3作目。
これはレモンの泡、生クリームなんかをまぜて泡にしている、
泡が消えていくのを見ていると、太刀魚がせりあがり舞台に登場!って感じ
写真はボケてて見えにくいけど、ゆで卵の黄色と魚の白、三度豆の緑が
鮮やかです。太刀魚は身も厚くてヒト噛みの食感が圧倒される。

乳飲み仔羊のパンチェッタ アジョワンソーズ
c0066191_0521959.jpg

口の中で肉汁がジュワッーと、こんなもんですか。
やはり美味しい。

そして、デザート
青梅・バラ・マンダリン・ヨーグルトのカンノーロ
c0066191_0532515.jpg

さわやか青梅ではなくて、甘く漬け込んだ梅
パッション・ココナッツ・ホワイトチョコレート
c0066191_054935.jpg

3っの層になっているので、それぞれの幕をやぶって3種類を食べるとおいしいらしいのが
2層目の飴細工が割れませんでした。もうすこし薄めが正解。
トリュフのフラン
c0066191_0544261.jpg

意外とこの3種のデザートが甘めでした。
いつもは野菜のデザートが肉料理のあとの息抜きなんですが、青梅が甘かった
ので全部甘いものになってしまったようです。
[PR]

by masoon | 2005-06-11 00:58 | スペイン
2005年 04月 30日
Fujiyaの春の味わいを満喫
c0066191_4104574.jpg

上の右から パリパリのミラネーゼ
カンパリオレンジの小さなボウルのシャーベット
下の右から ひとくちサイズのウニ
フォアグラのテリーヌ トンカ豆風味
 いきなりからヤラレました、このフォアグラはまるでチーズケーキ!!

うすいえんどう豆のパン
c0066191_4112395.jpg


ホタルイカのソテー ラルドソース
c0066191_4121282.jpg


パンコントマテ(パンとトマト)
     オリーブオイルで作ったハチミツ添え

 何層の味わいか?ハチミツオリーブオイルがさらに迷宮にしてくれます。
c0066191_4135840.jpg


ホワイトアスパラ・卵・オレンジ
 出ましたホワイトアスパラのアレンジヴァージョン、これまた深い!
c0066191_4145537.jpg


ペンネ 白海老ソース
c0066191_4155283.jpg


グリーンアスパラのオーブン焼き カルボナーラのソース
 ただのグリーンスパラではない仕掛けがたっぷり、極太の中にぎっしり!
c0066191_417934.jpg


鰆・トマトとコンフィ・軽い燻製とディル風味のヨーグルト
c0066191_419191.jpg


いいだこの卵で作ったイカスミのピラフ
              アサリと空豆のスープ

 これがまた摩訶不思議な取り合わせ、スープピラフだぜ
c0066191_4205778.jpg


孔牛のロースト ロメスコ アンチョビ
 大トリを飾る孔牛のロースト!この色ぐわいで柔らかさがでてますよね。
c0066191_423035.jpg


カリフラワーとココナッツのジェラード
         しっかりソテーしたカリフラワーとコーヒーソース

c0066191_426935.jpg


びわとレモンバニラ
        シナモンステックとシナモンのジェラード添え

c0066191_4281283.jpg


あたたかいトン豆風味のチョコレート
              ペッパーベリーと苺のジェラード

c0066191_2218355.jpg


毎月行ってますけど、毎月驚かされる味です。

今月は特にフォアグラのケーキで、いきなりストレートパンチの痛快打がそっと
出てきました。

これはあとの16品のプロローグだったとは!参りました。
[PR]

by masoon | 2005-04-30 04:31 | スペイン
2005年 03月 21日
どんな店どんな料理②Fujiya1935
Fujiya1935 3月
Fujiyaのホワイトアスパラを求めて早一年です。
lambroisieさんの写真をフォローする形で15品の紹介です。
チンザノとミント風味のいちご↓  アルファルファのひとくちサラダ↓
c0066191_22354398.jpg

黒オリーブのスティック↑      うすいえんどう豆↑
それと、オレンジとセロリシードのシャーベット

※山菜のソテー、オリーブオイルソース
春の山菜が勢ぞろいです。先月のちっちゃいタケノコといい素材選択はいち早くはさすが。

※ハマグリの木苺ソース、黒こしょう風味

※こうばしい香りのする足赤海老

※ニョッキのホタルイカのソース
c0066191_22403995.jpg

※氷魚とセリのスパゲッティーニ

※丸ごと1本のホワイトアスパラとキャビア
c0066191_11101060.jpg

本体は手の込んだアスパラのムースです。
こんな型の製氷機があるんだそうです。
アートアンサンブルFujiya!この季節にしか味わえない一品です。

※ふっくら仕上げた桜鯛、パプリカ、チョリソー、タジャスカオリーブのラグー
パプリカの甘味とチョリソーの塩味がいいハーモニーです。

※乳飲み仔豚のロースト
c0066191_22494611.jpg

これはほんとうはこれの3倍はある大きさなんですが、いつもワタクシメの胃袋を考えて
もらって小さめになってます。
これでも充分に満足します。
そしてデザート、
※グリーンピース、花粉のカラメルをまいたポップコーン
※あたたかいトンカ豆風味のチョコレート
       ペッパーベリーと苺のジェラード
※食後の飲み物 エスプレッソ
c0066191_22554972.jpg

以上15品目いかがですか?
ここFujiyaの空間はまさに旬の食材のジャムセッションが繰り広げられているのですね。
主役の食材を喰ってしまう副菜たちが力強いソロを導き出し、素晴らしい刺激的な料理になっているところが、アップ・トゥ・デイトなのでした。
さて、来月はどんな料理が出てくるのか?春のオールスター素材が出揃うので楽しみです。
[PR]

by masoon | 2005-03-21 23:45 | スペイン