カテゴリ:PAIN( 86 )

2005年 10月 17日
ぶらぶらパン散歩・秋のPAINDUCE
実りの秋ですね、パン屋さんでも秋の素材を使ったパンがおいしそうに
顔を揃えています。
たわけぐささんに教えてもらったイチジクの形をしたパン・・・名前はフィグでした。

c0066191_1851191.jpg

フィグ 天然酵母の生地にイチジクをペースト状にしたのを練りこんであるので
食べるとプチプチとした食感が味わえます。

それとフォカッチャサンド
c0066191_18124242.jpg

ナポリのモッツアレッラとトマト、ジャングル・クレソンがサンドされています。
クレソンの代わりにルッコラの時もあります。
個人的には、セルバチコの苦味の強い野菜と合わせたいものです。
[PR]

by masoon | 2005-10-17 18:19 | PAIN
2005年 10月 08日
ぶらぶらパン散歩・シュクレクールの秋・2
3連休ということで、土日限定パンをどっさり購入
パンド・ミー、バゲット、セレアル(穀物のパン)、パーネトスカーナ、
シャバタを3種類(シャバタ、ゾリーブ、トマト)、セーグル・ボワ(5種類のナッツ)
そして秋のパン、フィセル・ドートンヌ、パン・ア・ラ・シャテーニュ

c0066191_22255336.jpg

パン・ア・ラ・シャテーニュは栗が入っています。
中を見たくて切ってもらったら、栗がゴロゴロです。

c0066191_22292059.jpg
左がフィセル・ドートンヌ
サツマイモの秋味とリンゴの甘酸っぱさが
イイ感じです。
クグロフとレ・サンク・ディアマン
どちらもドライフルーツがたっぷり
入ったパン
[PR]

by masoon | 2005-10-08 22:34 | PAIN
2005年 10月 07日
今週のランチパン
きのこのピザ
c0066191_22494686.jpg

パン生地に、舞茸、しめじ、タマネギ、鶏肉。グリーンオリーブ、チーズ、トマトソース

コロッケサンドと焼きカレーパン
c0066191_2252407.jpg

揚げたてコロッケに千切りキャベツ、マヨネーズとウスターソース、ケチャップ
が懐かしい味です
カレーパンは普通ではパン粉をつけて、油で揚げるんですけど、今回は焼で
これもまた表面パリパリでいいもんですよ。
[PR]

by masoon | 2005-10-07 22:57 | PAIN
2005年 10月 01日
エリック・カイザーの100%パン
シュクレクールアッシュの店内に置いてある、エリックカイザーの『100%PAIN』
翻訳本が本屋さんにありました。
フランス版よりちょこっと小さめの大型本で、毎日新聞社よりの刊行で3000円也です。

c0066191_23412259.jpg


序文をアラン・デュカスが書いていて、本の内容はフランス版とまるっきり一緒で
改訂版にはなっていないんですけど、デュカスが好きな「石臼挽き粉のトゥルト」
レシピなんかも載っています。

歴史の中のパン~象徴としてのパン~世界のパン巡り~パンの五感・・・・などなど、
ルーヴル美術館、国立図書館などの所蔵の版画とか、イラストポスター、写真なども
豊富に掲載されていて、パンの過去と現在がわかりやすく紹介されているので、
パン好きにはけっこうたまらない本です。

それに「エリック・カイザーの60のレシピ」が掲載されていて、
「こんな風にこのパンはできるのか」と、パンへの興味がよりいっそう広がります。
パン職人にとっては、教科書もしくはバイブルみたいなものです。

これを読んでると、シュクレのシェフのパンに対する愛情の持ち方が、よりハッキリ
わかるし、パンの香りと豊かな風味を五感で味わってもらおうとする苦心なんかも
感じ取れることだと思います。


タイトルは「100%パン」より、原題の『100%PAIN』の方がいいのになぁー
フランス版は5000円ぐらいするので、この日本版はお得な値段でオススメです。
[PR]

by masoon | 2005-10-01 23:50 | PAIN
2005年 09月 28日
京都ぶらぶらパン散歩 ル・プチメック
ル・プチメックの店内に入ると、「えーっ!これがフランス?」と、
思いたくなるほど京都人だらけ、それも学生ばっかしです。

「サルトル」を読む女子学生、ノートを書き写す学生仲間、
学生の答案用紙を片手にキッシュ頬張る助教授などなど・・・で満席!
わざわざル・プチメックにパンを買いに来た遠征組の女の子は
「えーっ!パンないやん、どーしょー?」
「満席やん、カフェオレも飲めへやん、どーしょー?」

c0066191_2237639.jpg

c0066191_22424236.jpg
c0066191_22463895.jpg

日曜日の午後3時に、ぶらぶらとたどりついたル・プチメックでしたが
いささか思っていたフランスのイメージとは違ってました。

確かに店内には、フランス映画のオリジナルポスターがズラリ!
「地下鉄のザジ」「ギャルソン」「気狂いピエロ」などなど、(家にもオリジナルありますけど)
壁の落書きとともにパリのビストロらしき?雰囲気はあるものの、
やはりココは京都でした。
店員の人はなぜか白衣?学生の街やから?

パンはすでに午前中に売り切れていて、買えたのはこんだけでした。

c0066191_2244245.jpg

ライ麦粉の入ったバゲット、カスクルート用のバゲット、
とうもろこしのパン、石臼挽きパン


営業は、不定休のはずが、木・金・土・日の4日間だけだそうです。
できればお昼のランチめざしで、カスクルートで自家製パテあたりをillyのコーヒーで
いただきたいもんですけど、満席は覚悟でいかんとダメです。
[PR]

by masoon | 2005-09-28 22:58 | PAIN
2005年 09月 27日
エコールキュリネールのランチ
今日のランチはベーグルです。
c0066191_22401798.jpg

ベーグルは、フランス粉80、薄力粉10、ライ麦粉10%
砂糖3%、塩2%、生イースト2%
ボイルして焼成18分ぐらい

これにサーモン、クリームチーズ、シブレット、レモン、ディルをサンドしました。

サラダは、レタス、ベビーリーフ、トレヴィス、アンディーブ、三度豆

ベーグルは、プレーンなものでサンドイッチにするにかぎります、おいしい~!
[PR]

by masoon | 2005-09-27 22:39 | PAIN
2005年 09月 26日
ぶらぶらパン散歩・シュクレクールの秋
9月に入って2度目のシュクレクールです。
今日は午前中にクロワッサンも秋の新作ものもなくなってしまって、
取り置きしてもらったのは、ショソン・オ・ポムプティ・ボストック
それにいつもの定番(パン・ド・ミー、バゲット、クロワッサン、ノア・レザン、パン・オ・トマト)
c0066191_2125232.jpg

イートインでボストックを・・・
紅茶にひたしたブリオッシュにアーモンド・クリームをかけて焼き上げたもの
ブリオッシュなんでパンの一種なんですけど、ほぼケーキの一種と言ってもいいぐらい
アマンディーヌのクッキー生地をブリオッシュの柔らかヴァージョンです。

秋の新作は、このボストック
         フィセル・ドートンヌ・・ほっこりしたさつまいもと甘酸っぱいりんごとレモン
         パン・ア・ラ・シャンテーニュ・・・栗が入ったパン
         サクリスタン・抹茶・・・香り高い抹茶とアーモンドクリームにかのこ豆
         ショソン・オ・ポム・・・パイ生地の食感とフランス産りんごのピュレ
         パン・オ・ポム・カジュ・・・りんごの砂糖漬け香ばしい炒ったカシューナッツ

ショリン・オ・ポムと、KANSAI一週間のクロワッサン部門グランプリのクロワッサン
c0066191_23424257.jpg

c0066191_21104266.jpg

[PR]

by masoon | 2005-09-26 21:12 | PAIN
2005年 09月 20日
パンのある風景~PAINDUCE
久しぶりにPAINDUCEのイートインへ
c0066191_23215947.jpg

イートインの窓から見えるパンの風景です。
c0066191_232350100.jpg

ながめているだけで、あれはどんなパンかなぁーと・・・

季節の果物を使ったパンがぎょうさん出来上がっています。
c0066191_23244749.jpg


テークアウトしたのは、
c0066191_23252247.jpg

自家製ドライトマトとスモークチーズの入った天然酵母のパン

ドライトマトにもう少し味があればチーズとのバランスは抜群かもです。
しかし、天然酵母の口当たりがよくて、ワインにあいます。
[PR]

by masoon | 2005-09-20 00:20 | PAIN
2005年 09月 19日
エコールキュリネールのランチ
9月13日のランチは、カスクルート
c0066191_0131877.jpg


15日のランチは、クロック・ムッシュ
c0066191_0221579.jpg

食パンにロースハムとベシャメルソースをたっぷりはさんで
クリュエールチーズとゴーダチーズ、クミンシードで焼き上げてます。
付け合せは、ミックスピクルス
キュウリ、小タマネギ、人参、オクラ
リンゴ酢、EXオリーブオイル、グローブ、ジュニバーベリー、たかのつめ
[PR]

by masoon | 2005-09-19 00:10 | PAIN
2005年 09月 16日
タプナータのラスク
毎朝、パン・ド・ミーとバゲットを食べているんですけど、
バゲットはたまにフレンチ・トーストやマイ・ブームのラスクに変身します。

タプナータのラスク
c0066191_22464043.jpg


<タプナータのラスクの材料>
     バゲット
     ブラック・オリーブ、ケイパーの酢漬、アンチョビ・フィレ、パルメザン・チーズ
     ニンニク、オリーブ・オイル


これは、ワインに良く合いますよ。

そして、こんなところにもラスクが!
梅田のイーマの地下にあるカンテ・グランテ、

c0066191_23154692.jpg


パン・カンテ作のラスクがいっぱいありました、しかし、「今日中に食べてください」の
注意書きがあります、「ラスクは日持ちするんとちゃうんかいな?」・・・
と、つっこんでしまいます!
[PR]

by masoon | 2005-09-16 00:40 | PAIN