カテゴリ:3時のおやつ( 32 )

2006年 02月 08日
今日のおやつ
今日のおやつは、豪華3種盛り
c0066191_23333985.jpg

・ザッハトルテ
・ミルクチョコレートのロールケーキ
・ギモーブ
[PR]

by masoon | 2006-02-08 16:31 | 3時のおやつ
2006年 01月 29日
生チョコでいっぷく
口どけのいいお酒がたっぷりのきいた大人のチョコ

生チョコレート作ってみました。
c0066191_23491975.jpg


これはいたって簡単チョコです。
■材料は、スィートチョコ 50g、生クリーム 20ml、 水あめ 5g
      バター 5g、 コニャック 小さじ1、 ココア 小さじ1
■作り方
     ①鍋に生クリーム、水あめを入れて、火にかける
      沸騰したら火を止める
   
     ②そこへチョコレートを加えてまぜる。

     ③さらにバター、コニャックをまぜる。

     ④まざったものを流し箱に入れて、表面を平らにして、冷凍庫で30分

     ⑤流し箱から出して、適当な大きさに切って、ココアをふりかける。

     ⑥すると生チョコレートの出来上がり!

ついでにドライフルーツたっぷりのフルーツケーキも作りました。

c0066191_2349341.jpg

フルーツケーキはドライフルーツがたっぷり入っているんで、味がしみて
美味しいのは明日ぐらいから1週間までですかね。

生チョコの濃厚なあとは和菓子と抹茶ミルクでいっぷくです。
c0066191_23494930.jpg

[PR]

by masoon | 2006-01-29 23:46 | 3時のおやつ
2006年 01月 06日
ガレット・デ・ロワのこと
ネットで「ガレット・デ・ロワ」の事を検索してみたら
こちら→Club de la Galette des Rois
     伝統菓子の本来の魅力を伝えていきたいと考え、
     ガレット・デ・ロワをはじめとする多彩な伝統菓子と
     その文化の普及を目的とする会

このサイトを見ると詳しいガレット・デ・ロワのことがわかります。

c0066191_22342471.jpg
ハービスのブルディガラのウィンドー越しに
ありました。

30センチはある大きいのから5センチくらいの
小さいのまで、フェーブもいろいろ乗っかって
います。



ブルディガラのガレット・デ・ロワ 700円
c0066191_2115678.jpg


c0066191_22562070.jpg
サクサク、ハラリのパイ生地の中には
栗が丸ごとゴロッ入ってて、
なかなか楽しい食感が味わえます。

いろいろ見てみたら、
大丸では今日から10日まで
ガレット・デ・ロワ特集をしています。


御影・アランカスビッチ、豊中・アトリエドママン、芦屋・ビゴ、豊中・アビアント
本町・パンデュース、京都・コムトゥジュール、神戸・コム・シノワ・・・
のが店頭で買えるそうです。
[PR]

by masoon | 2006-01-06 22:46 | 3時のおやつ
2006年 01月 05日
新年を祝うお菓子ガレット・デ・ロワ
南森町をぶらぶら歩いていると、ムーラタルトのお店の前にこんな看板が
c0066191_21113615.jpg

知ってます?
ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワを食べなければ1年が始まらないと言われるフランスでは定番の
お菓子だそうです。

アーモンドクリームたっぷりのパイ菓子で、
アーモンドの香りが口の中でふわっと広がって
パイ生地のハーモニーがたまらなく美味しい!のです。


そしてこのお菓子が愛されているのはお菓子の中に宝物が!

切り分けてみると!
パイの中にはひとつだけフェーヴと呼ばれる
小さな陶器が入っていて、フェーヴが当たった幸運な人は
その日王様や女王様になり祝福されるんですって!

さらに、1年間その幸運が続くといういわれもあるそうです。


1月になるとパン屋さんやお菓子屋さんの店頭にいっせいにガレット・ デ・ロワが
並ぶので、見かけたらこのお菓子を買って、幸運を見つけてみてください。

ムーラタルトのガレット・デ・ロワは完売したようです。(1月7日更新)
[PR]

by masoon | 2006-01-05 13:11 | 3時のおやつ
2005年 12月 23日
浦島の大福餅
松本幸四郎が食べたことで一躍有名になったらしい「浦島の大福餅」

c0066191_23495794.jpg


人気の秘密は、そのやわらかさ。
三日ぐらいはまだまだモチッとやわらかくて、作り立てと変わらないのが魅力です

 餅はさぬき米100%、ほどよい甘さの餡は北海道産小豆を使っているそうで、
甘さも控えめなので、一個といわず二個でもオーゲェーです。

京都の「出町ふたば」の豆餅と、この「浦島餅店」の大福餅だけは別格のウマサが
あります。

取り寄せも可です。


浦島餅店
丸亀市川西町南800-1
TEL:0877-28-7601

[PR]

by masoon | 2005-12-23 00:38 | 3時のおやつ
2005年 12月 05日
クリスマスゼリーとショコラリッチ
アガーを使った赤ワインと白ワインのクリスマスゼリーです。

c0066191_23505677.jpg


最近はゼラチン(牛や豚のコラーゲン)よりもアガー(海藻)のほうがいいようで、
ゼラチンはたんぱく質を壊すようです。

ショコラリッチは濃厚なチョコレートケーキです。
直径12センチの小さいサイズです

c0066191_23525036.jpg


このショコラリッチは、焼時間(10分)も入れて15分もあればできてしまいます。


このふたつは楽々簡単おうちで作れるケーキですので、クリスマスにいかがですか。

ショコラリッチの作り方

材料
   スィートチョコレート 60g      ココア  10g
   バター(無塩)     30g      グランマルニエ 小さじ1
   卵             1個
   砂糖           20g

作り方
①卵をほぐして砂糖を加えて湯せんにかける。
 砂糖が溶けたら湯せんからはずして白くなるまで混ぜる。
②チョコとバターは合わせて、湯せんにかけてとかして、そこにココア、グランマルニエ
 を加えすり混ぜる
③①に②を加え、つやが出るまで混ぜる。
④丸型にバターを塗り、底に紙を敷く、そこへ混ざったのを流しいれる。
⑤180℃のオーブンで10分焼く
⑥熱が取れたら、型からはずす。
[PR]

by masoon | 2005-12-05 23:48 | 3時のおやつ
2005年 12月 04日
モンブランで秋を惜しんで・・・
師走に入っていきなりこの寒さです!

夕方、両手にケーキ箱を持っていたら、どしゃ降りの雨、そして落雷の猛襲!

ル シュクレクールの予約分パンを取りに行こうとしたら、コレだぁー!

JR大阪駅が、どこかの初詣のごとくの人・人・ひと・・・で「なんなんや?」と思って

やっとこさ、ホームにあがったら神戸線、京都線が不通のアナウンス!

身動き取れない状態で「すいません、行けそうにないんです」と誤りの電話をして

改札に戻ると、なんと払い戻しの精算でまたもや大行列!なんてこと!

と、散々な雨と雷と人詣でな一日でした。

とりあえず秋を惜しんで、モンブランをゆっくり味わいました。

c0066191_21523958.jpg


南森町にあるムーラタルトのモンブランとリンゴのタルト
[PR]

by masoon | 2005-12-04 22:07 | 3時のおやつ
2005年 11月 17日
フランスの焼き菓子ポンヌフ
フランスの古くから作られているシンプルなお菓子ポンヌフ

c0066191_23573242.jpg


シテ島は、パリの中心部を流れるセーヌ川の中洲にある島で
パリ市の最も古い部分です。
ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』には、すでに紀元前1世紀に
住民(パリーシー族 Parisi)がいたことが述べられています。

シテ島にはノートルダム大聖堂とその向かいにパリ警視庁。
その脇に、オテル・ド・デュー・パリがあり、文字通り訳せば、「神の宿 パリ」になります。
さまざま名所と共に島自体は、小さな宝石箱のような所で、ポンヌフはそこに架かる
パリ最古の橋でもあるのです。

ポンヌフとは「新しい橋」の意味です。

映画「ポンヌフの恋人」で一躍有名にもなりました。

この焼き菓子も16世紀の頃からある伝統的なお菓子です。

今月号のSAVVYでも今人気の「パティスリー ラ・プラージュ」のページで
ポンヌフが紹介されています。
[PR]

by masoon | 2005-11-17 23:38 | 3時のおやつ
2005年 11月 11日
今日はショトケーキの出来上がり
パティシエmasoonのケーキの基礎の基礎に基づいて作ったケーキです。
まずは、生クリームと果物を使ったスポンジケーキ
ショートケーキ
c0066191_2122915.jpg


・スポンジ生地は、卵200g、砂糖160g、薄力粉(日清フラワー)バター40g牛乳25g

・生クリームのクレーム・シャンティイ 生クリーム550g 砂糖45g

・フルーツ 黄桃、120g、みかん100g、キウイ0.5個、フランボワーズ10粒
       ブルーベリー5ヶ
・シロップ シロップ50g、キルシユ15g 

スポンジ生地は直径15cmでスポンジ3段重ねになっています。
生地を焼くオーブンは、上火180℃ 下火160℃で25分焼いてます。
これを基にして、クレームシャンティイをたっぷり塗りたくって行きます。

もうひとつはタルトレッオポワール

c0066191_2225636.jpg


洋梨のタルトレットは、生地はパートシュクレ
バター125g、砂糖100g、塩少々、卵250g
これのこね上げは、やわらかくしたバターをクリーム状にし、
砂糖を入れて手で混ぜる
卵を入れてまぜ、薄力粉を台の上でふるい、粉をリング状にひろげ、
そのくぼみに、材料をいれかき混ぜる。
あるていどまとまってきたら、台の上で手の甲をつかって、向こう側へこすりつける。
これを2回ぐらいで完了、まとめて冷蔵庫でひやす。

生地をタルトの大きさに型でくりぬいて、型にはめる。

クレームダマンドは、バター75g、砂糖75g、アーモンドパウダー75g、卵50g
これをよくまぜたら、アーモンド・クリームの出来上がりです。
このクリームを生地に流し込み、洋梨を薄く切ってならべます。
オーブンは上火180℃、下火170℃で55分焼く
焼きあがったたるとの上にアプリコットジャムをつければ完成!
[PR]

by masoon | 2005-11-11 23:59 | 3時のおやつ
2005年 10月 18日
ポアールのプチシュー
北新地にあるポアール・ジュネスで食後のデザート。

c0066191_22131263.jpg


お昼ごはんは、「にし留」
松茸ごはん、お造り(戻りカツオ、いか)、出し巻き卵、
塩鮭焼き、大根のきんぴら、味噌汁
これはこれで、真っ当な和食なんですけど、

松茸ごはんなんで、お代わりが出来なかった分、イマイチふくらまないので、
デザートにポアールのプチシューになりました。

帝塚山ポアールのプチシューは、新地の中にあるだけに、大人の味です
薄皮にカスタードクリームたっぷりのシュークリームです。
1個50円

秋なのでマロンを使った「マロンティーヌ」も美味しそうでした。→コチラ
[PR]

by masoon | 2005-10-18 22:42 | 3時のおやつ