カテゴリ:フレンチ( 35 )

2005年 09月 14日
ル・ピリエのハッピー!なできごと
ル・ピリエでアラカルトを食べて、ここの名物デザートの盛り合わせ、なんと900円
もうメッチャお得で、6種類のデザートを2種類のお皿にして出してくれます。
その日のデザート
c0066191_2210511.jpg

ブルーベリーのサヴァロン、クレームブリュレ、チョコレートのテリーヌとキャラメルパルフェ
c0066191_22113654.jpg

           プラウニー、桃のコンポート、ヌガーグラッセ

ル・ピリエではバドークの大きなカウンターの入り口側にいつも座るので、カウンターの
並びの人たちと厨房が良く見えるんですけど、斜め前に座っているデートらしき二人も
この同じデザートを注文しているようで、二つの皿が並べられ、デザートが盛り付けられて、
さらに白いお皿のふちに♪Happy Birthday とチョコで描かれてます。

「そうか、この二人のどちらかが誕生日で、ピリエに来てるんや・・・」
この二人、最初から隣り合わせだったので、何気なく見ていると
「なんとも初々しいなぁー」と、思わせる温かい感じがしてました。
そして、ハッピー!デザートは彼女の前ではなく、彼の前に・・・
「ホッホッー!彼女が彼にお祝いをしてあげているんや」
ローソクの火が彼によって消されると、自然とお店の中では拍手が起こりました。

照れている彼と、微笑んでいる彼女を見ていると、笑顔が自然にうつり、
彼女と彼のに起きた幸福の時間が、となりのコチラにも伝わってきます。

そんな二人を見ているとココロがポッと温かくなって、
「記念写真、撮りましょか?」と、声をかけてしまいました。

一瞬、二人は顔を見合わせながら
「ぜひ、お願いします」と・・・・ 
二人にとって携帯電話のカメラはいい記念になったと思います。

帰り際に、彼女と彼の二人はわざわざ席を立って笑顔で見送ってくれました。
ハッピーな事をなんか分けてもらったようで、素敵な夜でした。

アラカルトの料理は、
ピクルスときのこのマリネ
c0066191_22405822.jpg


活けアジと水ナス ソースはアンチョビとオリーブ
c0066191_22423089.jpg


若鶏のロティ(1/2羽分) キャベツのマスタードソテー
c0066191_22471617.jpg

[PR]

by masoon | 2005-09-14 00:05 | フレンチ
2005年 08月 25日
アトリエ・アルションでランチ
人里離れたアーケードにも見放された天神橋筋七丁目に
フランスの街角(実は天七の町角です)のケーキ屋さん?あとりえ・Alcionがあります。
c0066191_13452259.jpg


こげシューでも有名ですけど、今は季節のアイスしゃりシューがオススメです。

ランチは冷製パスタセット

c0066191_13344988.jpg

蕎麦の「たかま」で極細の田舎と出し巻きを・・・と思ったら入れなくて
やむなく逆戻り!
おっとそこにはフランスのケーキ屋さんのランチがありました。
なんか今は季節限定で500円!食後のお茶も楽しみにランチです。



アトリエ・アルション
大阪市北区天神橋7-5-9
TEL06-6358-9440

[PR]

by masoon | 2005-08-25 13:47 | フレンチ
2005年 08月 19日
ルールブルーの8月
お盆は中央市場がお休みなので、レストランとかブランジュリとかも夏休みでしたが
今週の木曜日とか金曜日から休み明けの営業が始まったようです。

そこで、ルールブルーで美味しい鮑とシャラン鴨が食べたくて・・・
最初はシャンパンとビールのお供に、自家製ピクルス茗荷の甘酢漬

冷製鮑と甘エビの小さいサラダ バジルソースかけ
c0066191_0401656.jpg

ドカーンと鮑が乗っかっています。それを支えるのは甘エビとイクラ、キュウリの軍勢
鮑を一口食べるとなんと柔らかいこと、こんなんありーとビックリしてたら
鮑の傍から、くの一のごとく潜んでいたのは鮑の肝!
これは充分メイン料理として登場してもいいんちゃうでしょうか。

熊本産朝市野菜のソテー
c0066191_1285777.jpg

アスパラ、オクラ、ミニコーン、えんどう豆、いんげん豆
一度軽く茹でた野菜を、バターで炒めて、塩、こしょう、生クリームをからませてあります。

シャラン鴨の胸肉炭火焼 夏の白トリフソース風
        十穀米のリゾット 青野菜を添えて

c0066191_0532141.jpg

分厚い鴨に白トリフのソースが旨くからんで、味と風味のバランスが、今日の肉の
中では、鼻の差でゴールイン!イチバンではないか!
付け合せの十穀米がこのソースによくからんで、うまさ百倍です。

これにエスプレッソを飲んで、やっと今日の一日は終わりです。
それから今日は、共されるパンがタケウチがお休みのためPAULのでした。

「このパンは違う!いつものとはちがって、ブルディガラ?」
「いいえPAULです。」
「そうかPAULかぁーおいしくないなぁー」と内心でした。
タケウチの休みが明ければ、再びタケウチのパンが登場するので、まぁー安心です。
[PR]

by masoon | 2005-08-19 23:54 | フレンチ
2005年 08月 06日
北新地・ビストロ・弘屋の8月
久方ぶりに北新地のビストロへ、最近ビストロ系、ワイン系が急増中
ここ「弘屋」は料理もハーフサイズがあって、
それほど大食いでなければ冷野菜、温野菜、パスタ、メインをハーフで頼んで
品数いっぱい食べるのが美味しいコツです。

甘茶豆の冷製ポタージュ サンダニエーレの生ハム添え
c0066191_0132058.jpg
甘茶豆は新潟でとれる枝豆の品種のひとつ。



新さんまとニラ、みょうが、葉野菜のサラダ 
軽いバジル風味
c0066191_0153080.jpg


生のハモとオクラのタルタル うずら卵のユッケ仕立て
c0066191_0172769.jpg


丸ごとタマネギのロースト
c0066191_0182076.jpg

春先の新タマネギはみずみずしかったなぁー
今は、水ナスのモッアレッラ焼とかズッキーニの香草焼なんかがあればなぁーです。

アンチョビとキャベツ、カラスミのスパゲッティ
c0066191_0231563.jpg

日ごろ食べることを遠回りしてきたのにめぐり合いました、カラスミ、これは辛い!

オーストラリア産仔羊のロースト サマートリフ添え
c0066191_0245475.jpg

サマートリフがこんなに出てきてもらうと、一瞬トリフの世界へ浸れます。
メインとしては、これほどんの香りと味わいが見事に合体したのはただただ後味と
匂いのハーモニーを味わいました。
[PR]

by masoon | 2005-08-06 00:28 | フレンチ
2005年 07月 19日
ルールブルーで梅雨明け
マイハウスは、エアコンの故障で、室温30度、湿度80%という灼熱状態で、
もうギブアップ!
今週は期末試験や言うのに、この状態では頭が膨張してしまいそう、
そこで家から脱出することにしました。

なんとか涼やかなレストランで美味しいものを食べないとやっていけません。
祝日でもオープンしているのは、ルールブルーでした。

ちょっと焼いた帆立貝、鮑、ウニのコンソメジュレがけ
c0066191_235578.jpg

うっすらと焼けた帆立はジューシー、これと柔らかいの分厚さに圧倒され
さらにウニの色鮮やかさと味わいはあま~い!

熊本産朝市野菜のソテー
c0066191_23575589.jpg


イサキ、泉州の水ナス、ズッキーニ、フルーツトマト、万願寺とうがらし
のロースト、トマトソーズがけ
c0066191_035570.jpg

c0066191_04984.jpg

まだまだ、みずみずしい水ナス!
野菜はご覧のような・・・・梅雨明けを感じる夏バテ解消ヴァージョンです。

「吉田牧場へ行く会」では、大変お世話になり、お礼もかねて当日の記念撮影分の
写真も届けました。
前半は、吉田全作さんの焼くピザに目が飛び出し、後半はルールブルーやこのは、
津村さんの鱧の炭火焼が話題をさらいましたが、
吉田さんに代わってピザを焼いたのは、ルールブルーの阿部シェフでした。
吉田全作さんのに負けない”ピッァ・マルゲリータ”を焼き上げていました。

オマケの写真・阿部シェフ作「吉田牧場のモッツアレッラチーズ」で作るマルゲリータ!

c0066191_1232461.jpg
[PR]

by masoon | 2005-07-19 00:44 | フレンチ
2005年 07月 12日
ル・ピリエで♪骨まで愛して
ル・ピリエ、いつ行ってもイッパイで、商売繁盛です。

アラカルト・オンリーなので、食べつくす気分で食べまくり!
まずは、玉ネギのキッシュ
c0066191_22372493.jpg

玉ネギの繊維がサクサクで、二分の一でも制覇できそう~


エスカルゴのコロッケ
c0066191_22402518.jpg

一口サイズのコロッケ、これは絶対頼んでしまう興味津々な一品

前回紹介の活アジと水ナスのサラダ
まだまだ水ナスはみずみずしい!アジとの相性はいいぞ

そして、メインイベンター!
笑美豚のスペアリブ、カシス風味のソース
c0066191_2251762.jpg

このスペアリブは巨大で20cmはあるし、幅も10cmはあるしろもの
それだけにたべごたへあり、の食べつくしです。

付け合せの野菜もたっぷり、源平いも、ゴボウー、万願寺唐辛子、なすび

食べた後の骨だけになったスペアリブを撮影しとけば、(見たくないですよね)
トロトロの笑美豚の鮮やかさがご覧いただけたのに?と、思うほどヤワヤワでした。
まぁ、この表面のコンガリさ加減で充分想像できるはず・・・

デザートは、桃の3種盛り
c0066191_22572585.jpg

[PR]

by masoon | 2005-07-12 23:09 | フレンチ
2005年 06月 09日
ルール・ブルーの6月
久しぶりに、といっても2ヶ月ぶりぐらいにルール・ブルー
肥後橋、江戸堀界隈にイタリアン、ビストロ、和食の店がどんどんニューオープンしていても
びくともせずに毎日予約でいっぱいです。

今日なんかはテレビで「日本vs北朝鮮」のWカップアジア予選があって、暇ちゃうんかな?
と、思っても満員でした。

今日は、カツオのたたきから

自家製カツオのたたき、フルーツトマト、加賀きゅうり、生ハムを添えて
c0066191_064374.jpg


カツオはもちろん店内の炭火で焼かれたもの、表面がこんがり、中はカツオの旨みがしっかり、
これに加賀の太きゅうりのシャキシャキ感がよくあいます。

オースト産骨付き子羊の背肉炭火焼、
           トマト、ズッキーニ、水ナスの入ったクスクス

c0066191_0153225.jpg

ここの炭火焼ものは、越後豚、シャラン産鴨、ハトの胸肉、などなど
どれも美味しいしのばかり、
今日は、クスクスが入った骨付き!たまらん旨さです。

熊本産朝市野菜のソテー
c0066191_019274.jpg


パンはブランジュリ・タケウチのバゲットとライ麦パン
c0066191_0203821.jpg
c0066191_021247.jpg









これに飲み物は、シャンパン、赤ワイン、清水一芳園のウーロン茶
[PR]

by masoon | 2005-06-09 00:23 | フレンチ
2005年 06月 05日
バーベキュー日和で元気モリモリ
肥後橋にあるビストロ・○ール・ブ○ーのシェフが発起人で、
今年も舞州バーベキューガーデンで豪華盛大に50人が集まってのバーベキュー大会です。

c0066191_23375236.jpg


c0066191_23381672.jpg
この日は、ほんのりうす曇の天気で、風もときおり吹いて、
野外でのバーベキュー大会としてはもってこいの天気です。

お目当ての食材は
  骨付きカルビ、ロース肉、骨付きソーセージ
  スペアリブ、焼き鳥、レバー、鳥のもも肉・・・・・

c0066191_233688.jpg

野菜も畑からそのまんま持って来たような盛りだくさん
こんなめずらしい食材も登場
c0066191_23455389.jpg

姫筍!これを炭火で焼いて食べたら美味しいんだ!


シャンパン、ワインは合計60本、ビール80個が空きました。
c0066191_23482251.jpg

c0066191_23484870.jpg










パンはもちろんル・シュクレクールに選んでもらったパンたちです。
c0066191_2350621.jpg
c0066191_23502869.jpg
c0066191_2355561.jpg










今日一日は、時間に追われることもなく、段取りを考えるでもなく、焼けたら食べる
喉が渇いたらへべれけになるまで、しこたま飲む!これが許される青空パーティーでした。
[PR]

by masoon | 2005-06-05 22:00 | フレンチ
2005年 05月 28日
初夏の野菜がおいしい・・・ル・ピリエ
水ナス・・・加賀の太胡瓜・・・島オクラ・・・ホワイトアスパラガス
みずみずしい野菜がメニューに並んでいるので見てるだけで楽しみになります。
c0066191_1015251.jpg


まずは、自家製ピクルス
島オクラ、みょうが、れんこん、カリフラワー、赤黄パプリカ、きゅうり

帆立貝柱と加賀きゅうり
     中西さん家のフルーツトマトの冷製トマトジュレがけ

c0066191_10115889.jpg

加賀きゅうりは、テレビのCMで佐藤浩市がマルかじりしているでっかいきゅうり
コリコリおいしい!
帆立との取り合わせは、白ワインとぴったし

活アジのマリネと水ナスのサラダ]
c0066191_1015155.jpg

泉州が生んだ水ナス!浅漬にして丸かじりもこれまたいいんですけど、
生でサラダでたべるのも水が滴り落ちる美味しさが抜群!
活あじと水ナス相性があいまんね。

そして、ウズラのワイルドライス入りリゾット詰め
               ホワイトアスパラガスを添えて

c0066191_10203870.jpg


ウズラに詰めたリゾット!鳥にお米ってどこでも美味しい料理です。
ホワイトアスパラガスの苦味とウズラの味のバランスがよろしおます。

野菜嗜好の料理が好きな我が家にとっては、ここの料理はナイスバッテイング!
レギュラーに迎えたたい、うれしい野菜使いのビストロです。

空間的にも広々としたオープンキッチンに
”パドワーク”をつかったカウンターもお隣との距離が余裕あるし、
直径2mもあるトイレに感動します。

シェフ、アシスタントそれにサービスの3人の女性が黙々と働く姿には見とれてしまいます。

シュシュ関西7月号「イタリアン&フレンチの関西新定番」でも紹介されてます。


Le Pilier ル・ピリエ
大阪市天王寺区清水谷1-2
    メゾン新大和1F
TEL 06-6762--1802
[PR]

by masoon | 2005-05-28 00:49 | フレンチ
2005年 05月 06日
ルールブルーでズッキーニの花の会
これまた、この季節の旬の食材”ズッキーニの花”を食べる会がありました。
どこかのレストランではこれを使った季節のメニューがあるんでしょうけど、
あんまり目にしないのが不思議です。

それで、南條シェフにお願いして今年も食べることができました。
レストランのテーブルを占拠してしまったので、シェアしてもらいました。

本日のメイン

ズッキーニの花オマール海老詰め 
   ホタルイカ、青味の野菜をオマール海老でとったスープ仕立て
   帆立貝とウニを添えて
c0066191_0261328.jpg

サイコー!です。
これはぜひメニューに入れてほしいんですけどねぇー

ポットベラというブラウンマッシュルーム
               とこぶし、ワラビ、ドライトマトの煮込み
c0066191_0263263.jpg

これははじめて、直径20cmもあるマッシュルームです。

香川産極太ホワイトアスパラガスの炭火焼
      タケノコ、ハマグリ、ポワロネギの軽いスープ仕立て、生ハム添え
c0066191_10593928.jpg

炭火焼の上に乗った生ハムがトローンと溶けるのと、ハマグリスープで食べるのと
何重にも味わえる料理です。

シャラン産鴨胸肉の炭火焼 
      白トリフ風味のモリーコ茸、小麦、レンズ豆の煮込み
c0066191_1112677.jpg

トリフですよ、この風味で味わう炭火焼はジワーッと五感にビシビシきまっせ!

パンはタケウチのバゲット、セーグルなどが食べられます。
[PR]

by masoon | 2005-05-06 23:51 | フレンチ