カテゴリ:フレンチ( 35 )

2006年 01月 02日
ライヴ・ステーションのアマデウス
久しぶりにゴキゲンな♪マンマミーアを見た!踊った!あとは
ウエスティンホテル大阪の「アマデウス」でデイナーです。
ここはライヴステーションのキッチンの料理と数々のアミューズが楽しめます。

アミューズ
c0066191_1155150.jpg


前菜 海の幸ソテー フレッシュハーブサラダ ガーリックドレッシング
c0066191_1172495.jpg


オニオンスープパイ包み
c0066191_118694.jpg


パルメザンチーズスパゲッティ
c0066191_11854100.jpg


メイン オマール海老の軽い煮込み レッドカレー風味
c0066191_1110697.jpg


これに自家製パン、サラダ、デザート、飲み物がついてます。

お正月ヴァージョンなので、デザートにはぜんざいなんかもあって、種類は
豪華なたべきれないラインナップでした。
[PR]

by masoon | 2006-01-02 23:01 | フレンチ
2005年 12月 27日
トゥールモンドでランチ
大阪のフレンチの有名店があいついで閉店していく中、どんどんがんばっている
お店もあります。
土佐堀にある注目のフレンチ・レストラン「トゥールモンド」へ。

昼時は、いつも満員なんで「昼でも予約ができる」お店なので無事に席は確保できました。
「今日のランチは魚です。」の声に、「肉にあたらんなぁー」の声も・・・

ランチは1200円で、150円プラスでコーヒー、紅茶が飲めます。

バゲットとカボチャのスープ
c0066191_21581311.jpg

このバゲットがおいしい!
またもやスープでひとつ、次のサラダでひとつ、クラストとクラムのバランスが
ほどよい感じで、モチモチなのがグーです。

タコマリネのサラダ
c0066191_2204626.jpg

タコがドカドカ入っているのと、インカのめざめがやや固めでしたけど、
ボリュームのあるサラダです。

メインはスズキのポワレ 白菜のプレゼ
c0066191_2225795.jpg

スズキは夏の魚なれど、寒くなってくると身がしまって脂ののりもいいようです。
そのスズイのエキスをくたくた煮された白菜、カブ、なす、インゲンなんかの野菜が
味をだしてます。
ここの「かぶのスープ」は抜群に美味しいらしいです。
[PR]

by masoon | 2005-12-27 22:12 | フレンチ
2005年 12月 24日
ル・ベガーズのランチ
南森町界隈でランチをと思ってブラブラ歩いていると、なんとなくル・ベガーズへ!
という左脳の指令が、ピッピッ!ときたんで歩を進めると!

出ました!今日の魚料理は、カワハギ!
フレンチでカワハギに出会えるとは嬉しい限りで、来週の「鮨処たかはし」へむけて
絶好調。

c0066191_22454537.jpg
今日のランチ、1500円
ちなみに肉料理は、鹿もも肉のロースト ブルーベリーソースでした。

c0066191_22302715.jpg

グリーンサラダとプチパン
ここのパンはおいしいので、サラダで1個、メインで1個食べてしまいます。

そして、カワハギとカキのワイン蒸し 柚子風味
c0066191_22351727.jpg

白身魚なのでソースの合わせがポイントです。柚子!
付け合せは、はなコッリー、ブロッコリ、カリフラワー、ラディッシュ・・・

デザートは
c0066191_22403342.jpg

ガトークラシック、ブランマンジェ、フランボワーズのシャーベット

ここのデザートはいつもながらに豪華食べ応えあり~~です。
[PR]

by masoon | 2005-12-24 22:44 | フレンチ
2005年 12月 14日
L'HEURE BLEUEでランチ
今日は、イメージとしてルール・ブルーの「手捏ねハンバーグ」(勝手な思い込み)
だったので、迷わずお友だちとルール・ブルーへ直行!
混みこみランチタイムをやり過ごしているので楽勝タイム

しかし、先に着いた友だちからメールで「サーモンでした」とあり、ガックシ
これで連続、お肉に当たることなしで、タスマニア・サーモンをいただきました・

c0066191_23152788.jpg


あいかわらず、ここのグリーンサラダはベリーグッドです。

c0066191_23161990.jpg


ドカッ!と野菜の上に鎮座するサーモンくんはじつにたくましい、
それを支えるジャガイモ、マッシュルーム、インゲンなどなどもお皿のうえで
のびのび盛り上がっています。

食後はエスプレッソで、のんびりしすぎで1時間はいました。

食後は、美術鑑賞で堂島のDNPギャラリーの「和田誠グラフィック展」へ
c0066191_2321677.jpg

第145回企画展
和田誠のグラフィックデザイン
2005年11月21日(月)~ 12月22日(木)

和田誠のデザインは、つかこうへいの「熱海殺人事件」とか、映画、音楽、ポスター
本の装丁など、など、デザイン全般であこがれの人です。
今年の湯布院映画祭のポスターもデザインしてました。
[PR]

by masoon | 2005-12-14 23:26 | フレンチ
2005年 11月 25日
ボダコアでランチ
本町まで来たので、ボダコアにするかマーブルトレにするかで、
とりあえずパスタ!
流れからして手前にあるボダコアにケッテェー!

午前中がケーキを二つも食べてしまっていたので、スペシャル・ランチ900円か
パスタランチ850円かなんですけど、
スペシャルは牛肉とキャベツの包み揚げ
パスタは牡蠣とほうれん草のクリームパスタ

ふだんの食欲なら間違いなく、牡蠣とほうれん草とクリームの融合にいくんですけど、
午前中のケーキがバターと生クリームの饗宴だったので、スペシャルに・・・

ミネストローネと赤大根のサラダ
c0066191_23571532.jpg


牛肉とキャベツの包み揚げ
c0066191_23575493.jpg

さすがにスペシャルとだてに付いているわけではなかった
キャベツの中にはグリーンアスパラがドドーンと入って、さらに付け合せの野菜も
見せてくれます。

パンはタケウチのバゲットでした。
フレンチといいながら、ランチのパスタも魅力的で、土曜日は手打ち麺があるようです。


c0066191_03022.jpg
vodacoa ボダコア
中央区淡路町2-6-1アペックス本町ビル
TEL06-6222-0028
[PR]

by masoon | 2005-11-25 00:46 | フレンチ
2005年 11月 18日
ルールブルーの11月
「今日はとれとれの和歌山のしまあじが美味しいですよ」の声に
I氏を囲む会をルールブルーで楽しむことになり、ゲストはもひとり
kobe-jingさんとは何年ぶりかのディナーました。

いつもはシェフたちの繊細な料理が出来上がるのをカウンターで
ウットリ眺めながらが多いのですけど、今日はテーブル席で
ワイワイガヤガヤ・・・

熊本特撰馬肉のカルパッチョ仕立て、柚子こしょうの香り
          フレッシュ、ドライ、粉末のトマトを添えて

c0066191_184387.jpg


和歌山産いまあじのクリュ、キューリとみょうがのサラダとみょうがの酢
          ピクルスケッパー、トマト、エシャロット、シブレットのソース
c0066191_187241.jpg


赤貝、帆立貝、白海老、ますの卵のレモン風味のカクテルに
          鮑のスライスとウニを飾り、コンソメゼリー
          バジルソース、レモン風味のオリーブオイルで

c0066191_1895792.jpg


熊本直送、朝市野菜のバターソテー
c0066191_1811023.jpg


和歌山産スズキとタラの白子と、オマール海老、タイラギ貝の炭火焼
          ちりめんきゃべつのソテーと金時人参、カブラを添えて
          アメリケーヌソースで
c0066191_18151378.jpg


越後もち豚のロース肉の炭火焼き、粒マスタードソース
          熊本産数種きのことインゲンのソテー

c0066191_18184323.jpg


デザートはフルーツのコンポートとアイスクリーム
c0066191_18193785.jpg
吉田牧場のチーズを使ったケーキ
c0066191_18202268.jpg


料理は、魚と肉の主役も冬になるとどんどん素材自体が美味しいのですけど、
ルールブルーの主役は野菜と隠し味とソースでもあります。
主役たちは見事にハーモニーを奏でて、南條フレンチの奥深さを感じます。
[PR]

by masoon | 2005-11-18 18:32 | フレンチ
2005年 10月 26日
グランナチューレでマクロビオティック料理
今話題のマクロビオティック料理をウィスティン・ホテルのグランナチューレ
食べてきました。
とりあえずランチでロケハンです。
基本食があって、アラカルトの料理も「本日の黒板」があるので、いろいろ選べます。
ブリフィクスAにしました。

オードブル・豆腐の西京味噌漬けスモークとフルーツトマトのカプレーゼ
c0066191_1271948.jpg


かぼちゃのスープ
c0066191_130697.jpg


白身魚と野菜の料理・秋鮭のマリネ幽庵仕立て季節野菜のグラッセ添え 柚子の香り
c0066191_1293635.jpg


天然酵母のパン・レーズン、オニオン、プレーン
c0066191_131591.jpg


デザート・五穀のガレットにのせた柿のタルトタタン
c0066191_1334973.jpg


そして、有機豆を使ったコーヒー

レストラン「アマデウス」の中は、ガラス張りアトリウムから自然の森を望む開放的な空間に
なっていて、この広々としたところで食事はいいですよ。
ニューヨークフレンチを抜けて、奥にあるのが「グランナチュール」。
マクロビオティック料理スローフードをご用意されています。

マクロビオティックは玄米・根菜を中心とした野菜を基本とし、肉類・動物性脂肪・化学調味料等は使用しないという独自の料理スタイルです。

それとスローフードは、マクロビオティックのようなルールにはこだわらず、しかし健康を意識した食事もしたいという方むけのものになっているようです。

次回はこのスローフードに挑戦です。
[PR]

by masoon | 2005-10-26 01:44 | フレンチ
2005年 10月 22日
弘屋の秋10月
フランス、スペイン食の旅から帰ったばかりのシェフの感性を感じに、
8月以来の新地のビストロ「弘屋」
もちろんメニューには秋の美味しい名前が揃っています。

アミューズ
「・・・の実です」と言われて
「あー、すですか、はじめてです」と、答えておきながら聞き返さずでした
ご存知の方、教えてください!
と、叫んだらkleefeld さんから教えていただきました。
これはひしの実という名前で木ではなくて水草についていて、
クリークに生えているらしく、たらいに乗って収穫されるみたいです。(コメントそのままです)
c0066191_0121428.jpg

殻をパカッ!と開けると、栗の実のような味のする実です。

白魚?入りのガスパチョ
この魚、透き通ったキレイな魚でした、ガスパチョが今季食べた中ではサイコーの
ガスパチョです。
この酸味スペインで毎朝食べたのと一緒!
c0066191_019919.jpg


季節の野菜の取り合わせ ニンニク風味のマヨネーズ、タップナードソース
c0066191_0191440.jpg

クレソン、レディーサラダ、赤長ラディッシュ、ミニキャロット、カラーピーマン、水ナス・・・
生で何もつけずに、もいいし、二つのソースで味わうもよしです

季節のキノコのシンプルソテー ルーコラパルメジャーノのサラダ仕立て
c0066191_030860.jpg

秋にはキノコがいっぱい!オリーブオイルでいい味でています。
松茸も入って、ルーコラとの取り合わせがメチャ合います。

肝つきアワビと松茸、銀杏のリゾット
c0066191_031442.jpg

恐るべし!アワビと松茸のタッグは世界最強の味チャンピオン!

岩手産白金豚ロース肉のソテー ニンニク風味パン粉焼 玉ねぎのロースト添え
c0066191_0325521.jpg

最近お魚さんばっかしだったので、ジューシーな白金豚を

デザートは
洋ナシのポワレ スパイス風味 クレームブリュレ添え
c0066191_0375266.jpg

この組み合わせ!見た目はクレムブリュレの味が勝ってそうですけど、
なんのなんの洋梨のポアレとの味が絶妙!
[PR]

by masoon | 2005-10-22 00:46 | フレンチ
2005年 10月 21日
ふらんす小皿料理・ル・ベガースでランチ
ル・ベガースの話題で、kapontaさんとtawasiさんのコメントを読んでいると
「やはり、ここのは美味しい!」

「パンうま、」 「パン美味しいですよね」

「スタッフのサービスがいい」 「かわいい~」
と、言うことなのでル・ベガースへランチしてきました。

1500円のランチ
2000円になると「サンマのマリネ」「紅芋のスープ」はプラスされます
前菜のグリーンサラダと美味しいと言われるパン
c0066191_072293.jpg

パンは柔らかくて、ほどよいモチモチさかげんのガッシュって感じです

魚料理 鯛、イカ、海老、牡蠣が入ったポアレ風で紅芋のソース
c0066191_094152.jpg

大きなお皿に、いろいろの魚介類が素材の味を感じさせる新鮮さがありました

デザートとコーヒー
c0066191_0125496.jpg

ブドウのシャーベット、バナナのアイス、キャラメルのアイス、コーヒーのケーキ
それにプリンという豪華盛り合わせです。
このデザートは別腹に満足度たっぷりで収まりました。

96年のオープン時にはランチ、ディナーと行ったことがあるんですけど、
それからの南森町イタリアン戦争でちょっぴり影が薄かったかぁー
それで久しぶりに食べました
最初に行った時の印象とまったく変わらず、新鮮な素材を求めての探求は
続いているようです。
ちょうど道路沿いのガソリンスタンドが建替えのために、雰囲気こわしてますけど、
ここはリスト上位です。
[PR]

by masoon | 2005-10-21 00:45 | フレンチ
2005年 09月 21日
大阪的気軽なパリのビストロ
西天満・南森町界隈は、フランス料理の激戦区でもあり、ビストロから本格派まで
一度はその扉を開けていきたいものなんですけど、
まぁ、とりあえずランチでチャレンジです。
c0066191_22491474.jpg
南森町にある パリのビストロ
船場にある大阪的フランス料理の
エプバンタイユ出身のビストロ!と言えば
ルール・ブルーと一緒なんですね。



しかし、ランチの趣はちょっとどころか違います。

プレートランチ 1260円
c0066191_22574464.jpg

c0066191_22581589.jpg

エッ!何コレ!と思うのは正直なとこです。
真実は、
牛モモ肉のソテー・デミグラスソース
パスタ、フレンチポテト添え
グリーンピースのポタージュ
ツナとタマゴのサラダ
パンはちと固めのバゲット


ポッカリ空いたお皿には食後のデザートが、
マンゴーのジェラードとケーキ
そして、コーヒー


山田シェフ伝承の味をランチで期待するのは、やはりちと違うのかもしれません
それにしてもルール・ブルーのランチは、なんて憩えるものなんでしょうネ。
[PR]

by masoon | 2005-09-21 00:40 | フレンチ