2006年 02月 17日 ( 1 )

2006年 02月 17日
BLUE NOTE LIVE ♪阿川泰子
先日の水曜日は野田秀樹にするか、リチャード・ボナにするかで悩んだすえに
野田秀樹の「贋作・罪と罰」にしてしまったのですが、結果的には
♪リチャード・ボナのほうが正解だったような感じでした。

で、今夜はブルー・ノートです。
c0066191_19103799.jpg


桜橋の近くにあった頃のブルーノートよりも座席は余裕を持った感じで
全体的に広々とした空間にリニューアルしたのがとっても良くわかります。

整理券が早くに手に入ったんで座席はセンターの前から2番目!まさに目の前に
あの阿川泰子が見れました。

昨年アーガイル・レーベルというのを立ち上げて、2枚のアルバムをリリースしたとこ
なんで、そこからの歌が聴けました。

中でも印象深かったのは♪DANNY BOY ♪WHAT IS A YOUTH あたりで、
さすがに演劇、映画時代を経てジャズシンガーの経歴の持ち主だけに
スタンダード・ソングも自分なりの解釈と、編曲とサイドメンとのやりとりなど
姉御肌の貫禄が滲み出たステージングでした。
いつのまにか、終わりになってアンコールを含めて聴いていたのは
ナント!2時間!中身は濃いし、圧巻のパフォーマンスになっていました。
[PR]

by masoon | 2006-02-17 19:11 | MUSIC