2006年 02月 15日 ( 1 )

2006年 02月 15日
野田MAP 『贋作・罪と罰』
c0066191_22131750.jpg

●野田秀樹の芝居はいつ頃から

 88年の「彗星の使者」からですかね、代々木体育館のマラソン演劇から
 92年の「ゼンダ城の虜」まで、それから野田MAPも全部見ています。

●野田秀樹の芝居は昔のに比べてどうですか

 つかこうへい、野秀樹、鴻上尚史なんかの小劇場ブームの中では、言葉遊び、
 演劇空間の使いかたなんかはずば抜けた才能があって、最初の頃はぜんぜん
 ついていけない内容だったんですけど。

 つかこうへいの「熱海殺人事件」なんかのほうがメチャおもしろかったんですけど、
 遊眠社は眼が離せない凄さがあって、それからすると今の野田MAPは、
 わかりやすくなったけど、野田演出の質と動の関係は普遍的にみえるんですね。

 それは新作のオリジナルとしての「赤鬼」「オイル」「パンドラの鐘」なんかは現代の
 問題を野田秀樹なりの芝居として成立させているところがそうです。

●今回の「贋作・罪と罰」はいかがでしたか

 それがねぇー、2階席の前から2番目だったので、期待して行ったんですけど、
 舞台がホールの真ん中に作ってあって、これが2階では見えへんのですよ
 ラストなんか松たか子の声だけ!
 それはないんちゃう!と、9000円出してほとんど見えない状態、最悪でした。
 3月にあるWOWOW放送を見るしかないですわ!
[PR]

by masoon | 2006-02-15 22:44 | STAGE