2006年 01月 20日 ( 1 )

2006年 01月 20日
ル・シュクレクールの春を想うパン
バゲットの生地に伊予柑とピスタチオをねりこんだ、

       まだ来ぬ春を想うパン


c0066191_22251226.jpg


「春を想う」っていいフレーズですよね、冬の朝のブルーな色の感じから
花が開く情景が「春が来た~!」
そんなに長い期間でもないんですけど、ウキウキと弾む感じがいいです。

♪春がいっぱい というインストゥルメンタル・グループのシャドウズの名曲
あるんですけど、この曲のメロディはひたすら美しく、ハンク・マーヴィンの
ギターは美しいです。

今日、シュクレで買った「本日のパン」
c0066191_023642.jpg

前列左から、パリのカフェ・フロマージュ、ライ麦生地に2種類の栗

中左からシャバタ、セーグルとそば粉の生地に牛蒡をねりこんだパン
・バゲットの生地に伊予柑とピスタチオのパン


後列左からシャバタ系のオリーブ、トマト、そしてクロワッサン

その他はシュクレの定番メニュー
・パン・ド・ミー、バゲット、
でした。



フランスのパリに3月の下旬、仕事で行ったことがあるんですけど、
前日までマフラーしてないと肌寒いぐらいだったのが、
ガラーッと春がやってくるのに出会ったことがあります。

あの枯葉の街が春になるんです。
これはほんとうにグレーだつた街にパステルカラーの鮮やかな緑を塗りつけた
ような!
シュクレのシェフの想う気持ちは、パリの春なんでしょうね。春よ来い!です。

このブログ日記を始めて今日で335日目となり、残り30日で365日です。
これはも~早いもんですね。
あと30日いい事が続きますよーにです。
[PR]

by masoon | 2006-01-20 22:51 | PAIN