2005年 03月 01日
ハード系@ル・シュクレクール
シュクレのバゲット
噛み締めると酵母の味わいと香り、そして細っそりしたスタイルでありながら、中は充分に弾力がある。
これぞフランスパンという感じがいいですね。
今まで食べてきたバゲットのイメージを一新させてくれた出会いがシュクレにはありますよ。
大阪にはハード系のパン屋さんもかなり増えてきているようですが、★★★間違いなし!
シュクレクールのハード系ベスト・スリーと、言えば・・・

①バゲット
 そのままでもいいけど、軽く温めると皮は薄焼き煎餅のような、パリッ!として食べごたえあり、もっちりした軟らかい味はベゲットならでは。
②リュステックサラザン
 そば粉の香りと味わいが絶妙、そのままよし、オリーブオイル、バジルペースト、サンドイッチ
 にしてもお試しあれです。
③ペイザン
 イメージは大地の香り漂うパン、だそうでまさしく香りとこくの詰まったしっかりしたもの。
c0066191_22314399.jpg
c0066191_22361131.jpg
[PR]

by masoon | 2005-03-01 22:41 | ル・シュクレクール


<< 必殺のこの一枚      アカデミー主題歌賞 >>