2006年 01月 19日
ジャズ・ギター100年史
ついに出ました♪ジャズ・ギターの歴史が豪華CDボックス4枚組み!
1906年から2001年までギタリスト74人の個性的な演奏が時空をこえて来た!って
やつです。
c0066191_2342284.jpg


ジャズ・ギターでいちばんショックを受けたのは、マハヴィッシュ・オーケストラですかね
あのジョン・マクラフリンのギターたるや衝撃の爪弾きで、「こんなのあり~!」と、
表現にならないくらいでした。
それから、生で見たのは、アル・ディメオラ、ラリー・コリエルのアコースティック・
セッションだったので、ちょっとガックシでした。

好きなところでは先日もBSで上映していた映画「ギター弾きの恋」のモデルにも
なったジャンゴ・ラインハルト、ジョー・パス、エリック・ゲイル、ウエス・モンゴメリー
ジム・ホールもロン・カーターとの♪アランフェス協奏曲が印象深いですね。
あと、ジェームス・ブラックウルマーなんてのも熱いギターでした。
[PR]

by masoon | 2006-01-19 23:54 | MUSIC


<< ル・シュクレクールの春を想うパン      2006年初詣、Fujiya1... >>