2005年 12月 26日
鮨処たかはしで旨い魚を
今や美味しいとうのは当たり前で、いかに楽しめたり・癒されたりするお店にするか。
これがけっこう大きなポイントです。
それとその料理人の個性や思いがカウンターごしに感じられること。

「鮨処たかはし」の高橋さんは、長年の職人技と気軽なおしゃべりとで、
新地のお鮨屋さんとしては、けっして敷居の高いとこではないとこが、
魅力のお店です。
確かにお料理の味もさることながら、
「今はこの魚がいちばんですなぁー」と、いろんな魚の話を聞きながら
口にしたときには「なるほどなぁー美味しいですわ」と、なります。

そこで本日の特撰素材はといいますと、カワハギです。
c0066191_9133275.jpg

カワハギのことをこんなに真剣に思うようになったのは、「食べ心は魚心」の
カワハギの巻を読んでからなので、「そんなに美味しい魚だったら一度・・・」
と思って味わってみると、ほんまに旨い魚です。

刺身でいただきました。
フグのような白身で、これまたフグみたいな繊細さと弾力のある
食感をもっています。
でも本命はキモです。
ツヤツヤしたこの肝こそ、そんじょそこらのキモより、ダントツ!
薄つくりのさしみにキモをくるんで、キモをポン酢でとかした「キモポン酢」に
からめて食べるのです。
いやはや、これはもうサイコーのカワハギを食べてしまいました!

おまかせコースのさいごは、「カワハギのにぎりを・・・」と、おそるおそる
「これがまた美味しいんです。にぎりましょか!」
と、ひとにぎり・・・
c0066191_927913.jpg

カワハギの上からキモポン酢さらりとかけたのが、ウマイ!

そんなわけで、「鮨処たかはし」のおまかせコースでカワハギを堪能しました。

・お造り・・・明石の鯛、イカ、ブリ、中トロ、
・焼き物・・・帆立のあぶりの磯部はさみ
・煮物・・・鯛のかぶと煮
・刺身・・・カワハギ
・にぎり・・・中トロ、鯛、アワビ、海老、海胆、コハダ、アナゴ、
       太巻き、鉄火巻き、
       カワハギ!


今年はカワハギに出会えて、いろいろなことの探究心旺盛な一年なりました。
[PR]

by masoon | 2005-12-26 23:50 | 和食


<< トゥールモンドでランチ      冬のスタンダードソング③ >>