2005年 12月 17日
今日はなにがなんでも「鮨処たかはし」
日本の上空に寒気団が居座っているせいで、相変わらず寒い日が続いています。
明日は、大阪でも大雪だとか?

今日は、今年最後の「たかはし」の土曜日ランチの日なので、お昼はこれしかなし
さすがに混みこみみたいで、午後1時すぎに席を確保!

店内はまだまだ女性客でごった煮状態でしたが、なんとか入れ替わりになって、
すると、横の常連客はといえば、大阪のフランス料理の名店「エプパンタイユ」の
山田シェフご夫婦でした。
偶然はこれで2回目

さすがにあちらはワイン持参で3本は飲んだはります。
こちらはお茶、外の寒さが癒されます。

2500円のお昼は相変わらずの極上ネタの品揃えで、本当にヴァリュー。

「今年はこれが最後のお鮨かなぁー」と、思いきや、

「あっ!カワハギ食べに来てない」と、思い出して

カワハギ予約したいんですけど?」と、言うてみると

「この日どうですか?」と、なんとか夜のコースで忘年会、決定!です。
[PR]

by masoon | 2005-12-17 23:54 | 和食


<< ル シュクレクールのクリスマス      オステリア・アバッキオのビーゴリ麺 >>