2005年 11月 29日
今日のパン・ランチ
本日のパン・ランチは、カスクルートにザワークラフトにマスタードが効いたソーセージ
付け合せは、ポテト・ピューレ

c0066191_22555947.jpg


簡単ザワークラフト 
ソーセージの付け合わせとして、ドイツ料理に欠かせないのがザワークラフトです。
本来ヨーロッパではキャベツを千切りにし、塩・ローリエ・赤唐辛子・キャラウエイシードを
加え、軽く重石をのせ2~3ヶ月発酵させて作るんのですけど、
これは家で手軽に作るというわけには行かないので、キャベツのザワークラフト風、
即席漬けです。

1. キャベツを千切りにし耐熱容器に入れる。
2. 酢、砂糖、塩を良く混ぜ、キャベツにかけ混ぜる。
3. ナツメグを少量かけラップをしてレンジにかける。
4. キャベツを混ぜ味をなじませる。
5. 暖かいザワークラフトを皿に広げて出来上がりです。

簡単でしょ、カレーの付け合せにもいけるし、キャベツのサラダにもなります。
この上にソーセージを乗せて、食べても1品ですけど、ホットドッグ、カスクルートにしても
オーゲェーです。

付け合せは、ポテトのピューレ
ポテトに生クリーム、ナツメグ、バター、塩、コショー
[PR]

by masoon | 2005-11-29 22:56 | PAIN


<< PAINDUSEのショソン・オ・ポム      クリストシュトーレン出来上がり... >>