2005年 10月 26日
グランナチューレでマクロビオティック料理
今話題のマクロビオティック料理をウィスティン・ホテルのグランナチューレ
食べてきました。
とりあえずランチでロケハンです。
基本食があって、アラカルトの料理も「本日の黒板」があるので、いろいろ選べます。
ブリフィクスAにしました。

オードブル・豆腐の西京味噌漬けスモークとフルーツトマトのカプレーゼ
c0066191_1271948.jpg


かぼちゃのスープ
c0066191_130697.jpg


白身魚と野菜の料理・秋鮭のマリネ幽庵仕立て季節野菜のグラッセ添え 柚子の香り
c0066191_1293635.jpg


天然酵母のパン・レーズン、オニオン、プレーン
c0066191_131591.jpg


デザート・五穀のガレットにのせた柿のタルトタタン
c0066191_1334973.jpg


そして、有機豆を使ったコーヒー

レストラン「アマデウス」の中は、ガラス張りアトリウムから自然の森を望む開放的な空間に
なっていて、この広々としたところで食事はいいですよ。
ニューヨークフレンチを抜けて、奥にあるのが「グランナチュール」。
マクロビオティック料理スローフードをご用意されています。

マクロビオティックは玄米・根菜を中心とした野菜を基本とし、肉類・動物性脂肪・化学調味料等は使用しないという独自の料理スタイルです。

それとスローフードは、マクロビオティックのようなルールにはこだわらず、しかし健康を意識した食事もしたいという方むけのものになっているようです。

次回はこのスローフードに挑戦です。
[PR]

by masoon | 2005-10-26 01:44 | フレンチ


<< ブルディガラの栗      ル シュクレクールの秋の逸品 >>