2005年 09月 22日
ビリー・ホリディの♪Don't Explain
ハービー・ハンコックの新譜を見ると、ざっと誰と共演しているのかをチェックして
ついつい買ってしまいます。
c0066191_23134613.jpg

今回は、サンタナ、スティング、ポール・サイモンそれにクリスティーナ・アギラ
ジョン・メイヤー、ジョス・ストーンと、まさにスーパー・コラボレーションなんですけど、
その中で、おや?と思ったのがダミアン・ライス&リサ・ハンガンのこの歌
♪Don't Explain ドント・エクスプレイン です。
あのビリー・ホリディの歌として有名な歌がクレジットされていて、なんでまた?

このアルバムはハービー・ハンコックが、この歌手にはこの歌を・・・という風に
あれかじめ用意して共演を希望したらしいのですけど、この♪Don't Explain
どういう経緯で選曲したのかわからないんですけど、
この歌を聞くと思い出す映画があります。

c0066191_2325209.jpg


「ジブラルタル号の出帆」 Rocket Gibraltar (1988)日本未公開
主演は晩年のバート・ランカスターで、この老人の77歳の誕生日に孫や家族が
お祝いをするために、老人の住むロング・アイランドに集まってきて、いろんな
交流と、老人の最後の願いを叶えようとする孫との愛を描いています。
この老人がビリー・ホリディが好きで、昼寝をしている時に流れたり、孫たちに
ビリー・ホリディの話をしたりします。
孫のひとりが、マコーレー・カルキンでデビュー作です。

ランカスターからヴァイキングが死んだら、死体を船に乗せて海に浮かべ
浜辺で焚き火をしながら船に火をかけて見送り、祝う。
その話に感動していた孫たちは、フレッド・アステアのビデオを見ながら
眠るように息をひきとった老人の遺体を孫たちが運び出し
ジブラルタル号に乗せて、夕焼けの海に出帆させます。
そこに火のついた矢を放つ、が、なかなか命中せずに、大騒ぎの親たちが到着した時に、
一本が命中して船は燃え上がる。

このクライマックスの場面は、美しく切ない感動的で詩的なシーンです。

そこにバート・ランカスターのナレーションが流れます。

     『  海が人生のすべてだった  海と船だ  を祝うために・・・

       海に燃える炎・・・・

       伝説では沈み夕日と 燃える船の色が同じなら

       彼はいい人生を送ったと言い
   
       来世では 天国へ行くと・・・

       日が昇る頃  あるのは灰だけ  完全な消滅だ

       潮に乗って地球の隅々へ

       清々しく 美しく 消えてなくなる    夢のように  』

このナレーションが終わって、静かにビリー・ホリディの♪Don't Explain が流れます。

今ならミニシアターで公開してくれそうな秀作なんですけど、劇場では公開されずに
ビデオのみの発売でした、現在は廃盤です。
BSとかスカパーなんかで、このタイトルを見つけたらぜひ見てください。
[PR]

by masoon | 2005-09-22 23:09 | MUSIC


<< 『四月の雪』のこと      大阪的気軽なパリのビストロ >>