2005年 08月 11日
カジュアル・イタリアン・メッツオ
BRUTUS の「イタリアン真剣勝負!」に関西代表として掲載されていた
肉中心のイタリア料理の店メッツオ
魚介料理のラ・マッティーナの姉妹店です。

「人間ギャートルズになるのが最高の肉料理」と書かれているので期待大!
メニューをみるとドンブ鴨、バンデ鳩、ホロホロ鳥とならんでいます。

前菜の盛り合わせ
ホルモンのテリーヌ、カツオのカルパッチョ、水牛のモッツアレラとフルーツトマト、
ホルモンの煮込み、夏野菜のマリネ
c0066191_1057934.jpg

ホルモンのテリーヌがなかなかジンワリ旨い!

魚介と枝豆ソーズの冷製カッペリーニ
c0066191_10575664.jpg

「冷製カッペリーニはちょうど本日からのメニューです。」

地鶏玉ひもとキャベツのリングイネ
c0066191_10593188.jpg

この玉ひもがカルボナーラのときめきでした。

鴨の炭火焼
c0066191_1121019.jpg


デザートの盛り合わせ
アールグレイのブュレ、パンナコッタ、オレンジのシャーベットこれで500円!
c0066191_1124030.jpg


いまや魚介と野菜中心のイアタリアンが多い中
ホルモン料理がたくさんあるとこはめずらしいかもです。
そんなにこった料理はないけど、素材と価格のレベルは信じがたいほど
カジュアル・イタリアンでござる。

しかし、テーブルの上の照明はちっちゃいダイコロビームみたいなのしかないので
写真は撮りずらいとこです。
「バリー・リンドン」のキューブリックの心境でした。



メッツオ
大阪市西区土佐堀1-6-10
TEL 06-6443-1159

夜はアラカルトのみ 全料理ハーフサイズあり
[PR]

by masoon | 2005-08-11 00:49 | イタリアン


<< 薪窯パン工房・麦      スターウォーズ・エピソード・サーガ >>