2005年 05月 15日
モニカのワルツ
モニカ・セッテルンド(スウェーデンのジャズ歌手)
 警察当局の調べによると12日夜、ストックホルム中心部の自宅マンション
 で起きた火災で死去、67歳。

今日の朝日新聞にこんな記事が写真入りででてました。

モニカ・セッテルンドといえば♪MONICAS VALS
c0066191_23483552.jpg

これこそ、スウェーデンの国民的歌手モニカ・セッテルンドを一躍世界的な
ヴォーカリストにした名曲♪ワルツ・フォー・デビー
1965年にヨーロッパツアーをしていたビル・エヴァンスとの歴史的めぐり会いによって
生まれたセッションだったのですね。

最近、東欧のヴォーカリストのアルバムが多数紹介されるようになってますけど、
モニカ・セッテルンドはその先駆者です。

まだまだ歌っていてほしかった人だけに、今日はビル・エヴァンスのオリジナルと
♪モニカのワルツで追悼です。

c0066191_23555150.jpg

♪Waltz For Debby
この曲は1956年にピアニストのビル・エヴァンスが、兄の娘デビーに捧げて書いた
ワルツの名曲。
[PR]

by masoon | 2005-05-15 23:41 | MUSIC


<< ぶらぶらパン散歩      季節の”新たまねぎ”を食す >>