2005年 05月 14日
季節の”新たまねぎ”を食す
五月になって新たまねぎが出回りはじめてます。
新たまねぎは水分が多く、肉質は柔らかくて、甘みがケーキを食べてるみたいです。

”あるある”風に言うと、たまねぎは悪玉コレステロール(LDL)を減らして、
善玉くん(HDL)を増やす働きがあるそうで,
そのため動脈硬化や心臓、脳の血管障害を予防するのだそうです。

そんなわけで、新たまねぎを食べてきました。

1件目は、イタリアレストラン「モンテラート」

ここの名物はベジタベッラ(お野菜のコース) その中にあるメニューから、
たまねぎの真っ黒ロースト(中身はその日のお楽しみ・・・今回はエビでした)
c0066191_13592394.jpg

真っ黒なたまねぎの皮を剥いでもらうと、トロ~ンとしたたまねぎの登場です。
すこぶる甘いたまねぎでした。

つづいて金曜日に行った、ワインバー「弘屋」
温前菜、野菜の蒸し煮 
    たまねぎ、キャベツ、菜の花、金時にんじん、空豆をはまぐりスープで蒸し煮
c0066191_1433893.jpg


いつもながに簡単にみえて奥がふかいぞぉー

岩手産白金豚ロースのにんにく風味香草パン粉焼
c0066191_1464298.jpg

白金豚の脂身と赤身のハーモニーが香草パン粉と協奏しています。
それとたまねぎもアマーイ!
[PR]

by masoon | 2005-05-14 23:47 | イタリアン


<< モニカのワルツ      イタリア発トスカーナ地方のパン >>