2005年 05月 08日
「阿修羅城の瞳」映画を見なくてもわかること

c0066191_17305785.jpg

          これは、舞台版のDVDです。  ↑
映画版は、オリジナルのキャストは市川染五郎だけ、スタッフは新感線は誰も参加していない。
では、これはなんだ!と尋ねると、たぶん舞台のコピーなんでしょね。
物語の設定をいかせても、この映画版ではドラマの展開がおもしろくなるとは全然思えないのですね。

えー、「それは舞台ファンやからなんでしょ・・・」と、言われても、映画が舞台を越える要素が
少しでもあるねんやったら、期待して見たい気もするけどね。

ここはやはりオリジナルキャストとオリジナルスタッフで映画を作ってこそ、批評も可能かと
思える。

プロデューサーは「天海祐希、夏木マリにも交渉した」らしいけど、
スケジュールが合わなかったとか、
そんなら、調整できるとこまで待てばええのに「宮沢りえがちょうど空いていた」とか。
そこまでして撮るのなら、やはりオリジナルを超える自信があったのか?

監督は「陰陽師」のCGばかり使って「人を描けない」人だけに、派手な映像は空々しいし、
ヒロインが阿修羅に変わっていく心のドラマは描き出せないとはず。

製作者はぜひともオリジナルキャストで汚名挽回のリメイクを撮るべきです。
[PR]

by masoon | 2005-05-08 23:28 | MOVIE


<< 今日のおやつ      えのてかぐみのピザ >>