2005年 04月 29日
Fujiya1935のパン
c0066191_1513123.jpg

Fujiyaのパンが変わりました。
前までは、テーブルロールのような柔らかい中が白いパンだったのですが
今回のからは、表面がパリパリで中はモッチリタイプの小型フランスパンです。

前まではシェフのお父さんが作ったはたんですが、
このパンからはシェフ自ら
「食事にあうパンをつくりました。
タイプ00と全粒粉を混ぜて研究してつくったんですけど、いかがですか」
と、言われても前のよりも美味しいので聞いてしまったくらいなんで◎です。

タイプ00?は初めて聞くタイプですけど、たぶんイタリア産の小麦粉だと思います。

このパンがコースの料理にピッタシなんですね。
料理のソースもしっかりといただいて、そんなに個性づよくはないけど、
そのあたりがいい感じです。

明日は4月29日のみどりの日のコースを存分にご紹介します。
[PR]

by masoon | 2005-04-29 23:49 | PAIN


<< Fujiyaの春の味わいを満喫      バゲットとシュヴァイツアーフロート >>