2005年 04月 06日
おいしい地球料理
これは「地球料理ではないが、イタリア人が食べても、日本人が食べても旨いという、
しみじみ旨い料理を作りたい。」
と、
実力派・小塚シェフのコンセプトのラ・ルーナへ再チャレンジしてきました。

前回は厨房内部でのトラブルなんかがあって、ぜんぜん食べた気がしなくて、
足がむかなかったのですが、
やはり小塚シェフのエル・ジブ風のイタリアンはどこか魅力的です。

茸と帆立貝のタリアッテル ジェノバペースト風
c0066191_11986.jpg

こしのあるタリアッテルと茸と帆立が柔らかくからみあってて美味しい仕上がり

鮮魚盛り合わせ・ブロッコリソース
c0066191_113235.jpg

ゴロンゴロンと魚がさばかれ、それに野菜もゴロン、これは今流行のあれですかね。
これはパンとエスプレッソが付いたブジネスランチ2000円

ラ・ルーナ
大阪市中央区本町橋6-4
TEL 06-6944-7676
[PR]

by masoon | 2005-04-06 00:59 | イタリアン


<< Jazzのデザイン特集      90年代イギリス・ロック映画3連発! >>