2005年 04月 02日
続・オススメ春のスタンダードソング
masoon's playlist

♪身も心も カーリー・サイモン
 ジャズの名曲中の名曲を、カーリー・サイモンがアルバム「トーチ」で歌っている。
オーソドッスなジャズシンガーに好まれる曲を、サビの中で2回も転調する凝ったメロディを
カーリーサイモンはうまく歌いこなしている。
♪私の心は寂しいの、あなたのためにため息をつく、なただけのために、
 わかってくれないの、私はあなたのもの、身も心も

♪ミスティ エロール・ガーナー
アクターズスタジオのインタビューでC・イーストウッドが、
初監督作の映画「ミスティ」だった話をしていたら、
会社の社長は「いいよ映画化したら、そのかわりノーギャラで・・」といわれて監督・主演をしたらしい。
イーストウッドは昔からジャズが好きみたい。
この曲は桜の季節にとてもよく似合う。

♪花はどこへ行ったの ピーターポール&マリー
桜の満開の下でこの歌を聞いてみるといい、毎年の桜の感じ方は当時のまま。


c0066191_1211099.jpg
♪ラストダンスは私に エミルー・ハリス
60年代当時にドリフターズがヒットさせて、日本では越路吹雪で知られるようになった名曲
カントリー歌手のエミルー・ハリスの歌はしみじみと泣かせる

c0066191_1264371.jpg
♪いつまでも若く プリテンダーズ
クリッシー・ハインドの歌う”フォーエバーヤング・・・”は彼女の人生を歌っているようで
このボブ・ディランの70年代の代表作も歌い継がれていくようだ




c0066191_1311467.jpg
♪ムーンリバー オードリー・ヘッバーン
トルーマン・カポーティの原作をオードリーが塗り替えてしまったような映画
窓辺でギターの弾き語りで歌うオードリー(もちろん自前の声)が哀愁的でよかった。
[PR]

by masoon | 2005-04-02 01:36 | MUSIC


<< 春を味わう      パン・ド・ミーでしあわせ >>