2005年 03月 21日
どんな店どんな料理②Fujiya1935
Fujiya1935 3月
Fujiyaのホワイトアスパラを求めて早一年です。
lambroisieさんの写真をフォローする形で15品の紹介です。
チンザノとミント風味のいちご↓  アルファルファのひとくちサラダ↓
c0066191_22354398.jpg

黒オリーブのスティック↑      うすいえんどう豆↑
それと、オレンジとセロリシードのシャーベット

※山菜のソテー、オリーブオイルソース
春の山菜が勢ぞろいです。先月のちっちゃいタケノコといい素材選択はいち早くはさすが。

※ハマグリの木苺ソース、黒こしょう風味

※こうばしい香りのする足赤海老

※ニョッキのホタルイカのソース
c0066191_22403995.jpg

※氷魚とセリのスパゲッティーニ

※丸ごと1本のホワイトアスパラとキャビア
c0066191_11101060.jpg

本体は手の込んだアスパラのムースです。
こんな型の製氷機があるんだそうです。
アートアンサンブルFujiya!この季節にしか味わえない一品です。

※ふっくら仕上げた桜鯛、パプリカ、チョリソー、タジャスカオリーブのラグー
パプリカの甘味とチョリソーの塩味がいいハーモニーです。

※乳飲み仔豚のロースト
c0066191_22494611.jpg

これはほんとうはこれの3倍はある大きさなんですが、いつもワタクシメの胃袋を考えて
もらって小さめになってます。
これでも充分に満足します。
そしてデザート、
※グリーンピース、花粉のカラメルをまいたポップコーン
※あたたかいトンカ豆風味のチョコレート
       ペッパーベリーと苺のジェラード
※食後の飲み物 エスプレッソ
c0066191_22554972.jpg

以上15品目いかがですか?
ここFujiyaの空間はまさに旬の食材のジャムセッションが繰り広げられているのですね。
主役の食材を喰ってしまう副菜たちが力強いソロを導き出し、素晴らしい刺激的な料理になっているところが、アップ・トゥ・デイトなのでした。
さて、来月はどんな料理が出てくるのか?春のオールスター素材が出揃うので楽しみです。
[PR]

by masoon | 2005-03-21 23:45 | スペイン


<< iTunes Playlist      手作りパンの会3月 >>