2005年 03月 08日
オリジナル・ポスター展
会社のロッカーを整理していたら、
映画のオリジナルポスターやLPレコードなんかが、ドッサと出てきた。
これは仕事で使うために家から持ち出して、持って帰るのがじゃまくさくなって、
ロッカーに置いたままになったものにちがいないのですね。

その昔のオリジナルポスターは、日本で製作されたポスターと違って
デザイナーの個性があふれたものが多かった。
輸入盤のLPレコードにもヴィジュアル的な物語のある一瞬が表現されているので、
そのジャケットを見ただけで映画の中身がわかるようになっている。

今は「そのポスター欲しい!」と、思わせるようなのは年に1枚あるかないか?
そんな中で右サイドにデザインとして置いているもは、
アントニオーニの「太陽はひとりぼっち」のフランス版オリジナルポスターで、
ヴィンテージものとしては価値のあるものらしい。

やはりモダン・デザインといわれた60年代のソール・バスの頃のがイチバン好きかなぁー。
c0066191_222727100.jpg c0066191_2231136.jpg
c0066191_22324865.jpg










ソール・バスは、
ニューヨーク生まれのグラフィックデザイナーおよび映画作家として
、「ウエストサイド物語」「めまい」「北北西に進路を取れ」などの
映画のグラフィックシンボルと映画のタイトルを制作し、
ヒッチコックの「サイコ」のシャワー・シーンなども指揮している。
この2本のイラストものコミックストリップものもお気に入りのポスターです。
c0066191_22432184.jpg
c0066191_22434828.jpg
[PR]

by masoon | 2005-03-08 23:03 | マイブーム


<< キャンディ浅田さん      エプバンタイユ >>